メニュー

Close

HOME

医療機関における” マイナンバー 制度”の導入実務セミナー

2015.08.04

医療介護分野のITとマイナンバー活用を、成長戦略の目玉として検討。

2015年8月4日、日本経営(大阪)のセミナールームにて、「医療機関における ” マイナンバー 制度 ” の導入実務セミナー」を開催しました。

マイナンバーのスタートにより、事業所側の業務フローは否応なく抜本的見直しが迫られています。当初は混乱も予測される中で、弁護士・社会保険労務士・コンサルタントが、それぞれの専門分野の視点から、実務の対応について解説をさせていただきました。

(第1部) 弁護士法人御堂筋法律事務所 今枝史絵 弁護士がご登壇。マイナンバー法施行の影響として、法律の視点から安全管理措置等の実務対応等について、解説していただきました。

(第2部) 近畿社会保険労務士事務所 岩田健 社会保険労務士が登壇。人事労務に関するマイナンバーの影響として、職員へのアナウンス方法、就業規則などの規程整備対応方法、制度導入に向けての準備などについて、解説しました。

(第3部) 税理士法人日本経営 部長 山本忍が登壇。「医療介護分野のITとマイナンバー活用を成長戦略の目玉として検討してほしい(甘利 社会保障・税一体改革担当大臣)」とのコメントにあるように、医療関係者は別の意味で動向に注目し備えておく必要があり、その議論の方向性についてご紹介しました。

参加者の方からは、「マイナンバーは行政側の手続きの話だと思っていたが、そうではなくて事業所側の手続きの話なんですね。」「非常勤ドクターやパートスタッフが多いので、ガイドラインに沿った適切な管理は非常に困難だ。」「他の病院がなぜこれほど頭を抱えているのか、よく分かった。」など、感想とご相談をいただきました。

 

IMG_8831

IMG_9254 IMG_8831

 

 

 

 

 

 

 

日本経営へのご相談は、カンタン専用フォームにて。

 

「病院の会計・財務」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6868-1351 (担当 辻)

東京 03-5781-0600 (担当 森)

 

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ