[Case Study]-労使トラブルは日頃の予防策がポイント

「労使トラブルを未然に防ぐために、職場環境を改善していきたい。」と、A理事長(病院経営)からご相談を頂きました。

ご相談内容

セミナーでA理事長とお会いしました。理事長から次のようなご相談を頂きました。

  • 労使トラブルに発展しないように、未然に相談できる顧問がほしい。
  • そもそも今のやり方でどこに問題があるのか、客観的に監査をしてほしい。
  • 職場環境を少しずつでも改善できるように、人事部スタッフをサポート・育成してほしい。
  • 行政機関の調査などの際には、立ち合いをしてほしい。

 

「労使トラブルの防止」についての 私たちの考え方

労使トラブルは避けられないが、未然に対処すれば半減できると、私たちは考えています。

 

ご提案サービスの内容

およそ1年間の人事プロジェクトを通して、大きな労務リスクを排除することができた。

Phaseテーマ内容
1トップ・ヒアリング
(1~2ヶ月)
経営層へのヒアリングを行い、組織の現状・将来の方向性について整理した。
2労務監査
(1~2ヶ月)
就業規則、雇用契約書、勤怠管理、給与計算など最新法令との適合性の確認と現地調査を行い、労務リスクを洗い出した。
3労務研修
(1~2ヶ月)
労務リスクを踏まえ、人事部スタッフと管理職に、労務研修を実施した。
4モニタリング・相談
(6ヶ月~)
病院内のプロジェクトの進捗をモニタリングし、問題点などに対してアドバイスを行った。

 

ご提示した予算(税抜)

必要な予算については、事業規模や職員数等に応じて、個別にお見積もり差し上げます。

 今回の事例の場合は、
・労務監査 : 800,000円
・労務研修 : 200,000円
・労務顧問契約  : 月額 80,000円
   のプランニングとなりました(交通費・宿泊費は、実費ご請求)。
 ※お電話やメールでのご相談中心の、リーズナブルな顧問契約もご用意しております。

 

お客様にご提供できた価値

労務リスクを洗い出し、病院内の人事プロジェクトを後押し(アドバイス)した。

抱えていた課題 ・残業代の計算が不明確で、若手職員に不満が溜まっていた。
・雇用契約書、就業規則など、具備すべき書類が適切に管理できていなかった。
・人事部に気軽に相談できる雰囲気がなく、問題が表面化したときには大きなトラブルに発展していた。
弊社が行った改善策 ・労務監査を実施し、改善テーマに優先順位をつけた。
・労務研修を実施し、病院内の改善プロジェクトの発足を提案した。
・労務顧問として定期的に訪問・モニタリングしながら、必要なアドバイスを行いプロジェクトを後押しした。
改善結果 ・職員の勤怠管理・有給休暇の取得などについて、ルールと運用が明確になった。
・専門の相談窓口を設置し、職員が未然に相談できる窓口が設置された。
・シフトの管理がきめ細かいものとなり、過大な残業時間を適正化できた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「労務顧問」について、検討したい。

近畿社会保険労務士事務所のサービスの詳細を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6868-1193 (担当 竹中)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©近畿社会保険労務士事務所