ライフプラン設計サービス

「いまは生活に余裕があるが、この先、教育費も増える中で、生活水準を見直さなければならないだろうか」と、B院長(診療所経営)からご相談を頂きました。

ご相談内容

インターネットから申し込みがあり、B院長夫妻がご相談に来られました。夫妻は次のことに困られていました。

  • 事業を引退後は、海外に移住し余生を楽しみたい。
  • しかしその前に、3人の子供たちの教育費の問題がある。もし全員私立の医学部に行くことになったら、どれくらいの教育資金が必要になるか。
  • 公的年金も期待できない中で、老後資金をどのように確保していったらよいか不安がある。
  • それらを含めて、もし万が一のことがあった場合、家族にどれだけの資金を手当てをしておけばよいか把握したい。

 

「ライフプランの設計」についての 私たちの考え方

将来のことは分からないからこそ、目安となる人生のマネープランが必要だと、私たちは考えています。

 

ご提案サービスの概要

最低ラインのマネープランと、目標ラインのマネープランを設計し、貯蓄の目安が明確になりました。

Phaseテーマ内容
1ヒアリング 基本情報(年齢・所得・ローン・生活費・年金積立など)、将来のライフイベントをヒアリング。
2ライフプラン作成 ヒアリングに基づいて、何通りかのライフプランを作成。
3課題の整理 ライフプランを報告し、現状や将来設計にズレがないかを確認。
4具体的な対策の提案 提案内容を検討頂き、必要に応じて具体的な対策をご提案・実行支援。

 

お客様にご提供できた価値

ライフプランを設計したことで、老後資金の準備方法が明確になりました。

抱えていた課題 ・事業・仕事一辺倒で、個人や家庭のマネープランを考えたことがなかった。
・老後の生活資金や万一の場合の保障について、家族が大きな不安感を持っていた。
・どの時期に無借金になり、どの時期にどれくらいの教育費を掛けられるか、把握できていなかった。
弊社が行った改善策 ・ライフプランに基づき、マネープランをシミュレーションした。
・法人(事業所)に、役員退職金制度を導入した。
・万が一の場合の必要保障額を明確にした。
改善結果 ・夫婦で将来について話し合うことによって、それぞれの考えや思いが明確になった。
・老後資金を個人・法人で手当てできたことによって、漠然と抱いていた不安感が解消された。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「ライフプラン・マネープラン」について、検討したい。

FPのスペシャリストに、相談・依頼をしたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6868-1173 (担当 松村)

東京 03-5781-0580(担当 鈴木)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営リスクマネジメント