保険加入状況管理サービス

「保険契約がバラバラで、管理も問い合わせも非効率になっているので、ヘルプデスクのように一本化してほしい」と、D理事長(病院経営)からご相談を頂きました。

ご相談内容

ご紹介を頂き、D理事長にお会いしました。理事長は次のことに困られていました。

  • 保険契約を複数の代理店経由で加入しているため、保険契約全体を適切に管理できていない。
  • 具体的には、事故発生時の問い合わせ先が毎回バラバラで困っている。問い合わせ先を一本化したい。
  • どこかのタイミングで解約する保険契約があったはずだが、時期が管理できていない。
  • 保険契約全体を見たうえで、リスクへの備えが適切かどうか定期的に見直したい。

 

「保険加入状況管理サービス」についての 私たちの考え方

問い合わせをしたくても、どこに問い合わせをしてよいかさえ分からない。

 

ご提案サービスの概要

保険契約を整理して一元管理とし、ヘルプデスク機能をご提供しました。

Phaseテーマ内容
1ヒアリング・一覧作成 法人・個人のリスクマネジメントについてヒアリングを行い、保険証券(生命保険・損害保険)を整理・一覧化。
2レポート・報告 ヒト・モノ・利益・賠償責任・老後資金その他の視点から、レポートを作成・報告。
3ヘルプデスク機能 契約内容を弊社のデータベースにて管理する機能をご提案。お問い合わせやご相談に応じて、的確に対応。
4定期レポート 契約内容について決算前など定期的に報告するとともに、契約内容の変更についてヒアリング、最新の契約内容で管理を継続。

   

お客様にご提供できた価値

各保険の目的・使途が整理され、定期的なメンテナンスが可能になった。

抱えていた課題 ・複数の代理店で保険を契約していたため、その内容について、十分な把握と相談ができずにいた。
・目的や使途を忘れてしまった保険が多く、それで資金繰りが窮屈になっていた。
・個別の提案で契約したものが多く、生命保険・損害保険をまたいだトータルな見直しをしたことがなかった。
弊社が行った改善策 ・保険証券を一緒に整理し、それぞれの目的を確認した。
・保険分析レポートを作成・報告し、業界独特の保険も含めて、リスクが適切に手当てされているかを洗い出した。
・複数のプランを提案し、目的に合わせた最適なプランを選択・実行支援した。
改善結果 ・各保険の目的・将来の使途を明確にし、分析レポートの中に記録として残した。
・純粋に各リスクに対する保障の観点から、保険契約の内容を整理し、標準保障額と比較できた。
・将来逓減する保険契約や、解約返戻金のある保険契約が確認でき、今後のスタンスがはっきりした。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「保険加入状況管理サービス」について、検討したい。

生命保険・損害保険のスペシャリストに、相談・依頼をしたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6868-1173 (担当 松村)

東京 03-5781-0580 (担当 山田)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営リスクマネジメント