保険料の合理化・コスト削減サービス

「本当に必要な保障は残しつつ、保険料を合理化できないか」と、A理事長(病院経営)からご相談を頂きました。

ご相談内容

ご紹介を頂き、A理事長とお会いすることになりました。理事長は次のことに困られていました。

  • これまでいろいろな窓口で保険をバラバラに掛けてきたので、無駄や重複が多いように思う。
  • 生命保険・損害保険の保険料の支払いが大きく、ともかくコストを引き下げたい。
  • 火災保険が物件ごとに契約されているため、満期更改時に内容を見直しできないまま事務手続きを行っている。
  • 年月の経過とともに、不要になっている保険もあるのではないか。

 

「保険料の合理化・削減」についての 私たちの考え方

リスク全体を俯瞰すれば、保険料はもっと合理化できるはずだと、私たちは考えています。

 

ご提案サービスの概要

保険証券(生命保険・損害保険)を一覧化し、保険料コスト削減のプランニングをご提案しました。

Phaseテーマ内容
1ヒアリング・一覧作成 法人・個人のリスクマネジメントについてヒアリングを行い、保険証券(生命保険・損害保険)を整理・一覧化。
2分析レポート ヒト・モノ・利益・賠償責任・老後資金その他の視点から、保険分析レポートを作成。
3改善テーマの報告 各契約内容の目的・使途を含めてご報告し、優先度の高い改善テーマをリストアップ。
4具体的な対策の提案 提案内容を検討頂き、必要に応じて具体的な対策をご提案・実行支援。

 

お客様にご提供できた価値

最低限の保障を維持しながら、30%のコスト削減が実現できました。

抱えていた課題 ・生命保険、損害保険について今まで見直す機会がなかった。
・保険会社・保険代理店から勧められるまま保険を契約していた。
・保険の事務手続きに相当な時間を費やしていた。
・商品や保障内容の検討が、十分に行われていなかった。
弊社が行った改善策 ・保険加入の目的を明確にした。
・保険分析を行い、資産状況・財務内容に応じて各契約を見直した。
・契約を集約し、スケールメリットと事務手続きの効率化を行った。
・保険証券管理ファイルを活用して保険契約を一元管理し、定期的に見直しを行う体制にした。
改善結果 ・保障の過不足を適正に見直し、結果的に年間保険料が30%削減された。
・保険の満期日を統一したことで、事務作業が効率化され、毎年、契約内容の見直しをできるようになった。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「保険料の合理化・削減」について、検討したい。

生命保険・損害保険のスペシャリストに、相談・依頼をしたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6868-1173 (担当 楠)

東京 03-5781-0580 (担当 山田)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営リスクマネジメント