• エントリーはこちら

人事・教育・福利厚生

日本経営は、1967年(昭和42年)に会計事務所としてスタートしました。当初は地元商店街を中心に、小規模事業者の会計顧問業務が中心でしたが、1980年(昭和55年)に税制が改正され、医師に対する優遇措置が廃止になったのを機に医療分野に注目。クリニック(診療所)を中心に新規の顧客開拓に乗り出し、成長の足がかりをつかみました。現在、お客さまは全国の医療機関や一般企業など約2900社。特に医療機関との結びつきは広く、約600の病院、1200のクリニック(診療所)・歯科医院にサービスを提供しています。医療機関との取引件数は全国でも日本経営グループのカルチャーは「ダイナミックスリーライン」。
急激な社会環境の変化の中でお客様と共に成長していきたいというひたむきな心を力強く表現したものです。

無限の宇宙の中に昇華する三本の線は

・お客様の発展に対して努力を惜しまないという心 ・与えられた仕事に真剣に取り組むという積極的な心 ・メンバーと協力して仕事を円滑に遂行するという連帯的な心

を表現しています。

社員にはこのビジュアル化した三つの建設的な心がまえの大切さを理解して頂きます。 また、その柔軟に描かれたカーブはNK-GROUPが目指す豊かな人間社会の創造のために、社員の日々の自己啓発による、よりレベルの高い"指導力・想像力実現力の飛躍"を伸びやかな三本線で表しています。 さらに、そのうねりは社員ひとりひとりの力によって企業自体が常に自己改革していく"ダイナミズム"を表したものです。

トップクラスであり、医療分野に強みを持つコンサルティングファームとしての評価を揺るぎないものにしています。成長が見込まれる分野にいち早く経営資源をシフトし、ビジネスチャンスを広げる経営戦略こそ、日本経営の成長の原動力です。また業容の拡大にあわせて、提供するサービスも広がりました。会計事務所としての税務会計業務はもちろん、人事制度の導入サポートや採用支援、職員の教育研修、組織活性度診断といった人事コンサルティング、さらに経営戦略の立案策定、コスト削減、収益力アップに向けた経営改善の提案など、経営体質を強化するためのあらゆる支援、サポートを幅広く手がけています。一方収益基盤がとかく脆弱なコンサルティング会社が多い中、日本経営は会計事務所を母体とし、顧問契約で安定した収益が見込まれる税務会計業務をベースに持つため、他社にない安定した経営基盤を有しています。創業以来、一貫して無借金経営を持続する優良企業であることも、大きなアドバンテージとなっています。

▲ページの先頭へ

人事・教育制度

パフォーマンスレビュー

パフォーマンスレビュー

人材育成には特に力を入れており、充実した研修メニューが用意してあります。 法規研修・税法研修・外部研修・グロービス・・海外研修・階層別研修・創造経営教室など、キャリアアップのためのあらゆる研修をご用意しています。

教育・研修

人材育成には特に力を入れており、充実した研修メニューが用意してあります。 法規研修・税法研修・外部研修・グロービス・・海外研修・階層別研修・創造経営教室など、キャリアアップのためのあらゆる研修をご用意しています。

評価制度

日本経営グループでは従業員一人ひとりが会社を支える要、すなわち「人材こそ全て」と考えています。従業員が自己の成長とやりがいを感じることができる組織作りを目標に、個人の能力を適正評価できるように、昇給、賞与、手当に成果主義を導入しています。 例えば、基準額以上の成績を上げると、年2回の賞与以外に、個人別、部門別で成果配分として 個々に還元する仕組みをとっています。

ワークライフバランス

ワークライフバランス

産前・産後休暇や、育児に関わる休暇はきちんと取得いただけますから、結婚や出産後も仕事を続けている社員がたくさんいます。また働き方の多様化を考えての制度をいくつかのコースの中から選べるようにしています。(例、コース別勤務時間性・社員区分変更性など)

▲ページの先頭へ

福利厚生

健康管理制度

毎年1回、健康診断及びインフルエンザの予防接種を行い、また40歳以上かつ次長職以上を対象に人間ドッグを受信する制度を設けています。また毎月1回、産業医の先生にお越しいただき、労働衛生安全委員会のメンバーと会議を開催しています。

休日・休暇

休日・休暇

週休2日制(土・日)・祝日・慶弔休暇・年末年始休暇・有給休暇・資格試験休暇・所属長リフレッシュ長期休暇(1ヶ月間)、育児・介護休暇、 年間休日120日

▲ページの先頭へ

その他

研究開発テーマ発表大会

毎年1回、新規事業や業務の改善などのテーマで発表の場が用意されています金賞・銀賞・銅賞が、それぞれ毎年贈られています。 金賞は賞金100万円!成果に対して、事業・業績面とチームワーク面から評価されるこれらの制度は、モチベーションの向上や社内の活性化につながっています。

▲ページの先頭へ