コスト診断・コストマネジメントコンサルティング

消費税増税、建築コストの高騰に対応し、永続的な病院経営を実現するため、医業費用の適正化を行います。そしてコスト管理におけるシステム化、職員及び卸業者や委託業者などの企業の意識改革を通じて医業費用の適正化を図り、健全な購買環境を構築します。

「コストマネジメントコンサルティング」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 対医業収益比率が他院に比べて高いが、費用構造は適正なのか知りたい。
  • 業者と常に随意契約を行っているが、適正な契約内容になっているのか精査してほしい。
  • 交渉を定期的に行っているが、有効的な交渉手法を知りたい。
  • 院内における適正な物品購入の仕組みを確立したい。
  • 職員のコスト意識を強化したい。
  • 購買における契約書や納入実績の把握、管理を分かりやすく実施したい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

12ヶ月を目処に、コスト適正化をご提案・推進いたします
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phase テーマ 内容
1 定量分析
(資料を頂いてから1ヶ月)
コスト診断(契約・仕様内容分析等)を行い、改善項目の抽出と改善の可能性について検討を行います。
2 定性分析(ヒアリング調査)
(定量分析と併せて1ヶ月)
経営者・経営幹部、購買担当、契約に関わる各部門長へのヒアリングを実施します。これにより、改善項目と改善目標値の設定等を検証します。
3 分析結果/想定課題の報告、
方向性の決定
(1ヶ月)
定量分析・定性分析の結果から、改善の可能性と目標値の設定案を報告・提示します。経営者・幹部層とのディスカッションを通じて、コスト適正化に向けた取り組みを決定します。
4 コストマネジメント
(6~9ヶ月)
コストマネジメントを実施するため、契約内容や購買状況を整理します。そしてプロジェクトチームを組成し、現場の理解を得ながら、材料における使用数量の抑制や使用ルールの整備、委託の仕様内容の変更や、業者の変更を実施します。プロジェクトは進捗管理表を作成し、それに基づいて成果実感を持ちながら行います。

 

導入費用(税抜)

 見積り事例 

Phase1~3 総額 50万円~     
Phase4   月額 20万円~+成果報酬(削減金額の30%)     
※交通費・宿泊費は別途、実費請求。

※規模・サービス内容に応じて料金は変動します。個別にご提案・お見積り差し上げます。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

担当者1名 (弊社との窓口の方になります)    

 弊社のメンバー 

コンサルタント 1~2名 

 

改善事例

現場の理解を得ながら、そして業者の意識改革を図り、永続的なコストマネジメント体制の構築を実現した。
(地方民間病院200床 一般病床・療養病床のケアミックス型 その他介護事業所)

抱えていた課題
  • 物品管理者が不在のため、納入実績が管理されておらず、期限切れ在庫が大量に出ていた。また在庫や品目数も非常に多い状況であった。
  • 購買担当者が不在のため、各契約の内容を把握できておらず、実態の把握が困難な状況であった。契約書も紛失していた。
  • 業者交渉を数年間実施していなかった。
弊社が行った改善策
  • 定量分析・定性分析を行った。その結果、実勢価格との大きな乖離が明確となった。またスケールメリットが得られておらず、非効率な契約形態となっているのが分かった。
  • 現場職員を巻き込んだLOWコストオペレーションを実施し、現場の理解を得ながら仕様内容の適正化やコストマネジメントにおけるルールを整備した。
  • 定期的な業者面談を実施し、価格交渉及び業者の集約化等を通じて、価格の見直しを行った。
改善結果
  • 医業費用削減効果として約38百万(目標値の約80%)の改善および雑収入約5百万の改善となった。
  • コストマネジメントが構築された。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

病院の「コストマネジメント」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6865-1373 (担当 木村)

東京 03-5781-0600 (担当 土橋)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営エスディサポート