事業承継スキームの設計

医療法人形態、出資金対策、採用・育成の観点から、事業承継の具体的プランを設計・推進します。

「事業承継コンサルティング」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 将来の事業承継について、明確なプランを定めたい。
  • 特定医療法人や社会医療法人に移行することで、どれくらいメリットがあるか知りたい。
  • 病院の現在価値(出資金)について、およその評価と、対策ポイントをアドバイスしてほしい。
  • 個人病院だが、息子への事業承継はどのようなステップで行うとよいか、一緒に考えてほしい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

12~24ヶ月を目処に、事業承継について調査・検証し、設計(シナリオ)をご提案・推進します。
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phase テーマ 内容
1 事業承継計画の立案
(3~4ヶ月)
推定相続、スキームの検討、事業承継計画の策定を行い、親族会議によって、計画についての評価・判断をしていただきます。
2 事業承継計画の推進
(8~20ヶ月)
出資金対策、相続対策、新理事・幹部職員の採用・育成を推進します。特定医療法人・社会医療法人へ移行される場合は、並行して推進します。
3 事業承継の実施
(3~4ヶ月)
事業承継の最終スキームを立案、必要書類の草案等を作成し、実施を推進します。

 

導入費用(税抜)

 見積り事例 

Phase1 出資金評価及び事業承継計画の立案 総額 60万円~   
※交通費・宿泊費は別途、実費請求。 

  ※簿価総資産額によって、報酬額は変動します。
  ※以下の項目は、上記報酬額には含まれません。
    ・不動産鑑定士、登記、及び株券印刷等の実費
    ・弁護士費用等の実費
    ・経営コンサルティング、人材紹介
    ・その他、スキーム推進上必要となる費用(個別にお見積り差し上げます)
  ※Phase2~3については、想定される承継プランの難易度によって、個別にご提案差し上げます。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

理事長もしくは担当理事 1名       

 弊社のメンバー 

コンサルタント1名  

 

支援事例

複数の事業承継プランを検証し、優先順位の高いテーマを明確にできた。
(地方中核都市 私立病院(医療法人))

抱えていた課題
  • 自己資本が大きく膨らんでいたが、後継者に出資金が移転できていなかった。
  • 病院建物の敷地は理事長の所有で、今後所有関係をどうするか、検討したことがなかった。
  • 出資金の一部が親戚に渡っており、適切な対処ができていなかった。
  • 理事長の退職時期・退職金についてシミュレーションをしたことがなく、後継者に明確な意志を伝えていなかった。
弊社が行った支援策
  • レビューを実施し、事業承継における複数のプランをシミュレーションした。
  • 同族が所有する不動産について、所有形態を見直した。
  • 事業承継プラン策定のための手順について、青写真を描いた。
支援結果
  • 理事長の退職時期と、それまでのスケジュールについて、具体的にプランを策定するきっかけとなった。
  • 不動産の所有形態を変更し、資金繰りが大きく改善した。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

病院の「事業承継」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6865-1373 (担当 横井)

東京 03-5781-0600 (担当 池田)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営エスディサポート