病院の経営診断・経営分析

地域の医療ニーズ及び病院の強み・弱みを明確にします。

「病院経営診断・分析」は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 業績は維持できているものの、今後数年の地域におけるポジショニングを明確にしたい。
  • 努力に見合った利益が確保できていないため、要因や本質的課題を把握したい。
  • 病棟機能転換や基本方針の見直しに当たり、収支試算などの数的根拠を明確にしたい。
  • 当院にどれだけの収益改善の潜在力があるか、分析・提案してほしい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

3ヶ月を目処に、病院の経営診断を行い、具体的な改善策をご提示します。
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phaseテーマ内容
1ヒアリング調査
(2~3ヶ月)
経営幹部層へのヒアリングを通して、病院の理念、今後の方向性、また課題についてのご認識を確認させて頂きます。
2外部環境分析
(2~3ヶ月)
独自開発したマーケティングシステムにより、地域の患者分布及び疾病傾向、また競合病院を分析します。これらを通して今後担うべき役割を提示します。
3財務分析
(2~3ヶ月)
収益性・安全性・成長性の視点から財務状況を分析します。損益分岐点分析により必要患者数を把握するほか、医業費用の妥当性を確認します。
4診療機能分析
(2~3ヶ月)
病床機能分析・生産性分析・レセプト分析を通して、診療機能が効果的・効率的に発揮できているかどうか診断します。
5総合評価
(1~2ヶ月)
病院の課題と潜在力(本来得られるべき収益)について、総合評価を行い、問題の分解、優先課題の抽出を行い、具体的な改善策をご提示します。

※病院の状況によって、外部環境分析(DPCデータ)、人的資源分析(人件費)、組織風土分析(意欲と満足度調査)、物的資源分析(経費)を、必要に応じて部分的にご提供することがございます。

 

導入費用(税抜)

 見積り事例 

Phase1~5 総額100万円~            
※交通費・宿泊費は別途、実費請求。

※別途、建築・改築・赤字改善のための、精密な事業調査もございます。

※規模・サービス内容に応じて料金は変動します。個別にご提案・お見積り差し上げます。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

 担当者 1名(弊社との窓口となる方です)

 弊社のメンバー 

 コンサルタント 1~2名 

※規模・期間により、複数でのご対応となる場合もございます。

 

改善事例

第三者からの明確な指摘を受けて、組織一丸となって改善に取り組むきっかけとなった。
地方中核都市 私立病院(医療法人) 一般200床、療養60床

抱えていた課題
  • 財務状態が厳しいが、何が課題なのか明確でない。
  • 改善活動について、院内で意見が分かれている。
  • 幹部の現状認識が甘く、経営改善に取り組む風土が芽生えていない。
  • 経営陣は漠然と将来の方向性を考えているが、職員に周知できていない。
  • 会議を開催しても否定的な意見ばかりで、前向きな取り組みができていない。
弊社が行った改善策
  • 病院の状態を客観的に分析し、レポートした。(職員の認識が間違っていたことが明確になった。)
  • 問題点を列記し、それらの問題をどう解決すべきか、他病院の取り組み事例等を紹介した。(今後の取り組みを検討するきっかけにした。)
改善結果
  • プロジェクト等が組成され、職員の改善意識が飛躍的に向上した。
  • 現場からさまざまな提案が出されるようになり、職員全員での取り組みとして機能し始めた。
  • 診断結果を受けて、引き続き改善の支援を行い、当初2億円程度あった赤字が、約2年後に単年度黒字転換した。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

病院の「経営診断・分析」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6865-1373 (担当 木村)

東京 03-5781-0600 (担当 川端)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営エスディサポート