精神科病院向け経営改善

精神科病院特有の経営課題に応じたソリューションを提供致します。

「精神科病院向け経営改善」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 稼働率が低下し、入院収益が減少傾向にある中、増収策を検討したい。
  • 人員の採用が難しい中、現状の人員体制で利益改善を図りたい。
  • 建替え等の設備投資に向け、早期に資金を捻出したい。
  • 地域の中における役割、機能の明確化を図りたい。
  • 精神科医療、障害福祉業界の再編に伴い、今後の病院の方向性を検討したい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

12ヶ月を目処に、精神科病院の経営改善をご支援します。
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phase テーマ 内容
1 調査分析(経営診断)
(2ヶ月)
経営診断(マーケット分析・財務分析・診療機能分析・コスト分析等)を行い、課題を抽出します。
2 改善策の立案
(2ヶ月)
抽出された課題に対する改善案とスケジュールを設定し、課題解決に適切な担当者の人選を行い、改善計画を策定します。また、必要に応じてプロジェクトを組成します。
3 改善策の推進・モニタリング
(4ヶ月)
各改善策の推進・モニタリングを行います。
①病棟機能の再編プログラム
②生産性向上支援プログラム
③診療報酬適正化プログラム
④地域連携推進プログラム
⑤アウトリーチ促進プログラム
4 定着化・効果測定
(4ヶ月)
改善項目を定着(仕組み化、マニュアル化・システム化)させ、継続的に効果測定・改善を行い、PDCAサイクルを回します。

 

導入費用(税抜)

・ 組織の規模や機能・コンサルティング内容によって報酬額が異なります。
・ 現状に合わせて個別にご提案しますので、お問い合わせください。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

(1)理事長・院長・事務長等の経営幹部
(2)多職種によるプロジェクトチーム
 ・プロジェクトリーダー 1名
 ・各関連部署から選出されたプロジェクトメンバー各1名
 ※プロジェクトチームを発足しない場合は、経営改善のコアメンバーを選出し、
  そのメンバーを中心に推進します。 

 弊社のメンバー 

 コンサルタント 1~2名 

※規模・期間により、複数でのご対応となる場合もございます。

 

改善事例

5期連続で1.5億円程度の赤字経営であった精神科病院を1年で黒字経営へ。
(民間病院A 精神病床220床)

抱えていた課題
  • 入院患者の高齢化に伴い、退院患者数が増加し、病床稼働率が80%程度と低下していた。
  • 病院の方向性が明確になっておらず、職員のベクトルが不一致であった。
  • 病院施設の老朽化問題もあり、建て替えが必要であるが資金が不足していた。
弊社が行った改善策
  • 患者層、提供されている医療に応じた病棟機能へ転換を図った。
  • 病棟機能に応じた連携先を抽出し、連携先別の地域連携アプローチを実施した。
  • 部署別に目標を自ら掲げて頂き、その目標を基に、他部門と連携しながら改善策を実行した。
  • 理事長と精神科病院の方向性について纏め、理事長から職員へ今後の方向性を共有いただいた。
改善結果
  • 病棟機能の転換により、70百万円/年の利益改善を実現した。
  • 病床稼働率は90%程度まで向上し、150百万円/年の利益改善を実現した。
  • 職員の生産性向上により、12百万円/年の利益改善を実現した。
  • 病院の方向性が明確になり、幹部や職員のベクトルが整理された。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「精神科病院向け経営改善」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6865-1373 (担当 坂本)

東京 03-5781-0600 (担当 太田)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営エスディサポート