経営改善(収益向上、地域連携、DPC)コンサルティング

「適正利益の確保」と「経営体質の改善」を、ともに実現するためのご支援をします。

「経営改善コンサルティング」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 現場の大変な努力の割には、業績・結果(収益)に結びついていない気がする。
  • マンパワーが不足し、地域連携や救急患者受入が機能していない。
  • 組織のベクトルがバラバラで、一丸となって経営に取り組む風土ができていない。
  • 病床管理が現場任せで、適切に行われているかどうか判断できない。
  • 職員1人あたりの生産性が、年々落ちているように思う。

 

サービス概要

 

スケジュール例

2ヶ月を目処に、病院の経営診断を行い、具体的な改善策をご提示します。
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phase テーマ 内容
1 調査・分析
(2ヶ月)
病院の機能・経営資源に見合った運営がなされているか等、貴院の各種データを分析します(財務分析、マーケット分析、診療機能分析など)。更に、現状に至っている要因についてヒアリング・現場視察し、課題を抽出します。
2 改善策の立案
(2ヶ月)
抽出された課題に対する改善案とスケジュールを設定し、課題解決に適切な担当者の人選を行い、改善計画を策定します。また、必要に応じてプロジェクトを結成します。
3 改善策の推進・
モニタリング
(2~4ヶ月)

各改善プランの推進・モニタリングを行います。

 

改善プログラム例)
①診療報酬最適化プログラム
②病床最適化プログラム
③生産性向上支援プログラム
④病床管理プログラム
⑤コスト効率化プログラム

4 定着化・効果測定
(2~4ヶ月)
改善項目を定着(仕組み化、マニュアル化・システム化)させ、継続的に効果測定・改善を行い、PDCAサイクルを回します。

※一般的に、最短で8ヶ月、最長で12ヶ月ほどのスケジュールとなります。

※DPCデータに比重をおいたプログラムについては、「DPCデータの分析・運用コンサルティング」をご参照ください。

※地域連携に比重をおいたプログラムについては、「地域連携機能向上コンサルティング」をご参照ください。

 

導入費用

  • 組織の規模や機能・コンサルティング内容によって報酬額が異なります。
  • 現状に合わせて個別にご提案差し上げますので、お問い合せください。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

(1)理事長・院長・事務長など、窓口担当1名
(2)多職種によるプロジェクトチームを選出する場合
  ・プロジェクトリーダー1名
  ・各関連部署から選出されたプロジェクトメンバー各1名 

 弊社のメンバー 

 コンサルタント 1~2名 

 

改善事例

地域中核病院における収益改善活動で、年間3億円超の経済効果を達成した。
(地方中核都市公的病院A 全床一般220床)

抱えていた課題
  • 赤字が続き、診療科によっては医師不足に陥っていた。
  • 経営課題に対し、院内一体となって取り組むマネジメント体制ができていなかった。
  • 地域連携体制や救急患者受入体制等、効果的な外部連携の活動ができていなかった。
弊社が行った改善策
  • 5つの収益改善プログラムに基づいた、5つの改善プロジェクトを立案した。
  • 各部門の職員から成る各プロジェクトチームを構築し、本部とプロジェクトチームの連携体制を敷いた。
  • プロジェクトの進捗管理を実施した。
改善結果 各プログラムにより、次のとおり収益改善効果が得られました。

  • 戦略的診療報酬設定プログラム 6,700万円/年
  • 地域連携・病床管理プログラム 2億1,500万円/年
  • コスト管理プログラム 1,200万円/年
  • 生産性向上支援プログラム 1,500万円/年
  • 年間改善効果総合計 3億900万円/年

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

病院の「経営改善・収益向上・地域連携・DPC」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6865-1373 (担当 福田)

東京 03-5781-0600 (担当 川端)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営エスディサポート