通所系サービスの集客力向上

通所系サービスの集客力を向上し、マーケティング活動を通して組織を活性化する。

「通所系サービスの集客力向上支援」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 介護福祉スタッフの入れ替わりが多く、現場に疲弊感があるので改善したい。
  • モチベーションをアップし、一丸となって仕事に取り組めるような風土を育みたい。
  • 特に通所系サービスの集客力が落ちており、重点ポイントして改善したい。
  • 新規事業展開を担えるような幹部を育成していきたい。

 

サービス概要

 

スケジュール例

6~12ヶ月を目処に、デイサービスの集客力向上を支援します。
(コンサルティングの期間及び支援内容は、現状をヒアリングの上、柔軟に対応します。)

Phaseテーマ内容
1ヒアリング・現状分析
(1ヶ月)
トップヒアリングと現状分析を通じて、デイサービス集客力向上の重点ポイントを整理します。
2プロジェクト始動
(1ヶ月)
プロジェクトメンバーを専任し、キックオフを通じてメンバーのモチベーションをアップします。
3営業資料作成
(1~2ヶ月)

利用者の声・競合先のサービスを検証し、営業資料の作成を支援します。

4営業支援・モニタリング
(3~6ヶ月)

営業活動を支援し、プロジェクト会議などを通してサービス改善を図ります。

  ※各テーマは一部重なり、並行して進めていきます。

導入費用(税抜)

 見積り事例 

総額100万円~      
※交通費・宿泊費は別途、実費請求。       

※規模・サービス内容に応じて料金は変動します。個別にご提案・お見積り差し上げます。

 

人員体制例

 お客様のメンバー 

プロジェクトチーム(3~4名程度) 

 弊社のメンバー 

コンサルタント 1~2名 

 

改善事例

マーケティング・営業活動を通して、組織活性化の糸口が見えた。
(特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービス、老人保健施設、グループホーム等)

抱えていた課題
  • 介護報酬改定により大幅に減収し、利益構造を再構築する必要があった。
  • サービスの提供体制を見直し生産性改善に努めたため、現場には不満がくすぶっていた。
  • 競合先が増え、通所系サービスの利用者が減少していた。
弊社が行った改善策
  • 現状分析を行い、現在のデイサービスの改善ポイントを整理した。
  • デイサービスの生産性改善プロジェクトを設置し、メンバーとともに改善活動を行った。
  • マーケティング活動を通して、サービス内容や提供体制が大きく改善された。
改善結果
  • 利用者数が目に見えて増加した。
  • 営業・マーケティング活動を通して、現場の改善活動が体験できた。
  • プロジェクトを通じて、メンバーのモチベーションが大きく改善された。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更をしてご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「通所系サービスの集客力向上支援」について、検討したい。

日本経営のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6868-1161 (担当 宮本)

東京 03-5781-0600 (担当 江畑)

 

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営戦略人事コンサルティング