組織風土活性化ポイントの診断(新タイプの従業員満足度調査)

「ES Navigator」により、組織風土を診断し活性化のために最も効果的なポイントを発見します。

「ES Navigator」 は、次のようなニーズに対応するサービスです。

  • 他の組織と比べて、自社・自院の活性度はどのような位置づけにあるのか知りたい。
  • 自社・自院では、具体的に何をすれば、組織が活性化するのか知りたい。
  • リーズナブルなシステムで、継続的に組織の活性度を測りたい。
  • 従業員の意欲や満足度を測り、効果的に高めていきたい。
  • 従業員の退職や転職を食い止める施策を検討したい。

 

サービス概要

 

改善事例

活性化のために、組織の強みを活かした取り組みを実施できた。
(私立病院(介護施設展開))

抱えていた課題
  • 以前行った職員アンケートにより、給与に対する不満があることが分かっていた。
  • 賃金政策の見直しを検討していたが、どこまで改善すれば効果があるのか未知数だった。
  • 他にも不満要因がある中で、要求に応じるだけでいいのかという迷いがあった。
弊社が行った改善策
  • アンケートを解析し、意欲と満足度を高めるためには、何が効果的な要因であるのかを可視化した。
  • 幹部研修会を開催し、アンケート結果に関するディスカッションを行った。
改善結果
  • 賃金を改善するよりも、勤務体系や休暇の取得など、環境整備のほうが効果的であることが明確になった。
  • シフト体系を組み替え、有給休暇の取得を促進するなど、取り組みやすい改善で、活性度が大きく改善された。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

詳しくは「ES Navigator」の専用サイトをご覧ください。


 

「組織の活性化と業績との関係」について、考えてみたい。

「組織活性化」の具体的なポイントを知りたい。

「ES Navigator」の分析を依頼したい。 

 

このような場合には、専用サイトからお問い合わせください。

「ES Navigator」の専用サイトは、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

フリーダイヤル 0120-200-488 (ES Navigator担当)

 

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営戦略人事コンサルティング