[Case Study]-医療法人成りで、毎年数百万円の経済的メリット

「私の場合は、医療法人になるほうがいいのか、ならないほうがいいのか」と、E院長(診療所経営)からご相談を頂きました。

ご相談内容

ホームページからお問い合わせを頂き、E院長とお会いすることになりました。院長は次のことに困られていました。

  • 開業5年が経過し、おかげさまで事業も軌道に乗ってきた。
  • 先輩ドクターの中には、医療法人成りによって年間数百万の経済的メリットがあったと言う方がいる。
  • しかし、友人の中には「医療法人は絶対によくない」と言うドクターもいる。
  • 医療法人になるメリットは何なのか。また、そこまで強く反対されるほどのデメリットは何なのか。
  • 結論として、私の場合は、医療法人になるほうがいいのか。ならないほうがいいのか。アドバイスがほしい。

 

「医療法人成りのメリット・デメリット」についての 私たちの考え方

私たちは、医療法人成りがメリットとなるかデメリットとなるかは、事業承継とライフプランによって大きく左右されると考えています。

 

ご提案サービスの概要

およそ半年間のプランニングを経て、医療法人成りを選択されました。

Phaseテーマ内容
1ヒアリング
(1~2ヶ月)
医療法人についての一般的なメリット・デメリットについてご紹介し、院長がどのような将来展望をお持ちかヒアリング。
2事業計画・ライフプランの設計
(1~2ヶ月)
ライフプラン(初版)を設計し、事業の成長・展開・承継の時間軸の中で、ライフイベント・マネープランを整理。同時に事業計画を作成し、診療所の承継パターン・可能性について、院長のお考えを整理。
3医療法人成りの
シミュレーション
(1~2ヶ月)
院長の展望に基づき、典型的な3通りの事業計画・ライフプランと、それぞれの場合の医療法人成りをシミュレーション。
4医療法人成りの支援
(3~5ヶ月)
司法書士・行政書士など専門家と連携し、医療法人成りを支援。法人成りのタイミング、医療機器や財産の扱い、役員報酬の設定など、納得感のある法人成りが実現できた。
5モニタリング(顧問)
(12ヶ月~)
税務顧問として、法人成り後のモニタリング・税務申告をサポート。

 

ご提示した予算(税抜)

必要な予算については、事業規模や難易度に応じて、個別にお見積り差し上げます。

 今回の事例の場合は、
 ・Phase1~4 : 月額 30,000円×6ヶ月 (司法書士・行政書士など手続きにかかる費用は別途)
 ・Phase5 : 顧問契約 月額80,000円 (顧問契約のご説明はこちらをご参照ください)      
     のプランニングとなりました。

 

お客様にご提供できた価値

時間をかけてプランニングした結果、出口まで見通した納得感のあるライフプラン・医療法人成りが実現できました。

抱えていた課題 ・事業が軌道に乗り、ある先輩から医療法人を勧められたが、逆に医療法人を否定する友人もいて、判断に迷っていた。
・毎日診察に追われ、将来のことを考える余裕がなかった(先送りにしてきた)。
弊社が行った改善策 ・医療法人のメリット・デメリットが、事業計画・ライフプランによって大きく変わることを、事例を挙げて紹介した。
・事業展望・ライフイベントをヒアリングし、事業計画・ライフプランとして数値化し掘り下げた。
・事業計画に基づき複数の医療法人成りのシミュレーションを提示した。
改善結果 ・医療法人成りによるメリットを、数字でも把握することができた。
・ご子息への事業承継について、あらかじめ検証することができた。
・診療所の承継という出口までを俯瞰した、納得感のある医療法人成りが実現できた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

  

 

 

ご提案・お見積り依頼は、カンタン専用フォームにて。


 

「医療法人成りとライフプラン」について、検討したい。

診療所のスペシャリストに、相談・依頼をしたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~17:30)

大阪 06-6868-1351 (担当 近藤 文哉)

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

©税理士法人日本経営