メニュー

Close

HOME

メキシコ・タイ・ベトナムへの進出と、人材・環境・リスク

 

 

日本経営トピックス 2017/07/11号

 

国民の消費意欲は旺盛だが、外国企業の参入には工夫が必要

 


 

バンコクに出向した藤井は、日本では考えられない熱気に初日から衝撃を受けました。

 

マーケットが急成長し、一部上場企業だけでなく、中規模の製造業やサービス業も次々と進出していた時期でした。

 

毎日会議室が埋まるほど相談があり、出向先では、1年でお客様が倍増。

 

しかし、言葉の壁も大きいですが、根本的なカルチャーが違います。

 

愕然とする経験もしながら、各国の投資環境等を肌感覚と多くの人脈を得て、3年後に帰国。

 

アジア各国に出向中のメンバーと共に、今回、企業の海外進出セミナーを企画しました。

 


メキシコ・タイ・ベトナム
進出の現状と注意点は、
こちらの画像をクリック!
↓ ↓

メキシコ・タイ・ベトナム

 


 

高い職員満足・意欲を
実現している病院の事例発表
↓ ↓




使命感・危機感・存在感を
備えた管理職を育成する!
↓ ↓




職員の定着する
職場づくりのノウハウ
↓ ↓




配信スタート・変更は、「こちら」

配信ストップは、「こちら」

日本経営グループ http://nkgr.co.jp/


GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ