メニュー

Close

HOME

内発的発展により心豊かさがあふれた品格あるまち、近江八幡市

2017.01.06

「三方よし」近江商人の地。安寧のまちづくりに向けて、私たちは何が出来るのか?

2017年1月4日、近江八幡市文化会館にて近江八幡市 新春講演会が開催され、株式会社日本経営の藤澤功明(代表取締役 会長)が講師を務めました。

DSC04285

 

テーマは「安寧のまちづくりに向けて、私たちは何が出来るのか? 組織力強化に向けた管理職の役割」。

近江八幡市は2015年10月30日、「近江八幡市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しています。市民会議・専門部会を創設するなど、延べ700名もの市民・関係者が策定に関わるという壮大なプロセスを経て、目指すべき将来都市像を「内発的発展により心豊かさがあふれた品格あるまち」と掲げました。新年を迎えるにあたり、この実現に向けて、職員一人ひとり、特に管理職が自身の役割と責任を再認識し、組織力の向上を図るために、管理職研修の一環として講演会が開催されました。

 

DSC04285 DSC04285

 

当日は近江八幡市職員の管理職等約200名がご参加。コンサルティング事例を交えて、マネジメントの基本、リーダーシップ、チームビルディングについてご紹介しました。

私どもが掲げる四方善(自分善し、相手善し、社会善し、将来世代善し)は、近江商人の「買い手よし、売り手よし、世間よし」を倣ったもの。毎朝、何時に出勤されていますか?という問いに、6:00出勤という方も。さすがに近江、同じように朝早くから努力されている姿に、藤澤も感銘を受けました。

「自立的で持続可能な特色あるまちづくりを推進する中で戦略的な行政経営をするためには、組織力の強化に向けた管理職の役割がますます重要」という、冨士谷市長の強いリーダーシップで実現した講演会。このような地道な努力と創意工夫とが、地域の豊かさと未来とを創っていっているのだと、わたしたちも感動・感謝しました。 

 

 

地域づくり・街づくりを応援します!

 

「次世代のリーダーを育てたい」

「現場のモチベーションをアップしたい」

ご講演依頼は、

下記の専用フォームより、ご用命ください。

 

お問い合わせは、こちらから 

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ