メニュー

Close

HOME

歯科医院の増患施策、成果に繋がる施策と、繋がらない施策

2017.09.23

院長がどんな思いで診察をされているのか、スタッフにも患者さんにも、伝わっていない現実。

2017年09月23日(土)、日本経営セミナールーム(大阪)にて、「スタッフと創る5つの歯科戦略ステップ」が開催されました。

第一部で、株式会社日本経営の金谷晃秀( 副部長)が登壇、第二部で、同 藤村正寛が登壇し、歯科医院の経営改善ストーリーをご紹介しました。

DSC04285

 

数多くの歯科診療所の経営を見せていただく中で、私たちが感じている問題意識は、同じように増患施策を行っているのに、成果に繋がるケースと、成果に繋がらないケースがあるということです。何が違うのか、成果に繋がらないケースは何が間違っていたのか。この問題意識に対して私たちが行き着いた答えが、「患者さんを集めるだけの施策では、失敗する」ということです。

当日は、経営理念の共有、チームづくり、差別化とホスピタリティ、診療効率改善、増患マーケティング、自費スイッチング・システムなど、歯科医院の経営改善5つのステップをご紹介し、経営改善そのものが増患に繋がるような具体的施策について、ご一緒に考えました。

 

DSC04285 DSC04285 

 

ご参加の方からは、「この短時間で、ノウハウが縮された、説得力のある改善ストーリーを聞けた」、「経営者になったつもりで、実はなっていなかったのだと思い知らされた。知っているのと知らないのとで、これほどにまで違うのかと愕然とした」、「これまで当院の増患やホスピタリティがなぜうまくいかなかったのか、やり方が間違っていた、知らなかったのだと、よく理解できた」 など、コメントをいただきました。

 

 

歯科医院の経営改善を応援します!

 

「増患、診療効率の見直しを、本気で進めたい」

「仲間と呼べる、信頼あるチーム作りをしたい」

歯科医院の経営改善についてのご相談は、

下記の専用フォームより、ご用命ください。

 

お問い合わせは、こちらから 

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ