メニュー

Close

HOME

【東京】事務管理者のための数字力養成講座

対象 経営幹部、管理職、監督職クラス
開催日時 2019年06月26日(水)

13:00~17:00(開場12:30)

会場 株式会社日本経営東京支社
東京都品川区東品川2-2-20 天王洲オーシャンスクエア22F
[地図を見る]
受講料

16,200円(税込)

※受講料は税込となっております。
※講座の申込後にキャンセルされる場合は、本講座開催日当日の14~8日前までは20%、7~2日前までは50%、前日~当日は100%のキャンセル料を申し受けます。
※コンサルティング会社・会計事務所などの同業者のご参加はお断りいたします。ビデオ等の録音・録画機の持込はご遠慮願います。ご了承下さい。
※主催者側の都合により当日のカリキュラムが予告なく変更する場合がございます。
※やむをえず講師が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム概要

P/L,C/F,B/Sの読み方とそこから見える経営の捉え方や資金繰りの実務とノウハウ、ダム式経営を実践するための借入返済の考え方など、病院の事務管理者に求められる財務の読み解き方を身につけます。

 

カリキュラム

第1部 病院経営における数字力とは

□ 事務部門の経営センスが病院の将来を左右する
□ 病院会計のルール、特徴と決算書の体系
□ 財務会計と管理会計はどう違うのか?

第2部 事務管理者としての会計力

1.P/L(損益計算書)の視点から見る経営
 ①損益分岐点売上と固定費、変動費の関係
 ②病院コスト削減の実践ポイント
 ③利益配分と内部留保の判断の仕方とは

2.C/F(キャッシュフロー計算書)の視点
 ①病院の資金を不透明にする5つの謎
 ②借り入れた運転資金はどこから返済するのか?
 ③現預金残高の最低基準のダム式経営の実践

3.B/S(貸借対照表)の視点から見る経営
 ①P/L的短期思考からB/S的長期思考へ
 ②その借入金は何年で返済できるのか?
 ③自己資本比率と資金繰りの関係性

4.管理会計の手法~部門別原価計算~
 ①部門別原価計算とは?
 ②部門別原価計算の導入と活用事例

※当日電卓をご持参ください。

 

受講者の声

□毎月財務指標や損益試算表を確認しているが、自分の見方がある程度固定化しているように思えた。新たな見方や考慮の仕方にヒントを頂いた。

□数字を出してはいるものの、分析までには至っておらず、考え方を確認するよい機会になりました。”分解する”実行します。
 

講師紹介

(株)日本経営 コンサルタント

 

お申込みはこちらから

郵便番号ex)111-0000
都道府県
市区町村 
町名・番地
建 物 名 
 
せい めい

※1行にお1人ずつのお名前をご記入ください。

(お手数ですが、上記と同じメールアドレスを再度ご記入ください)
この内容で送信します。よろしいですか?

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ