メニュー

Close

HOME

事務管理者のための数字力養成講座【福岡】

対象 事務長・事務課長クラス
開催日時 2017年07月12日(水)

開始:10:30 | 終了:16:30 | 開場:10:00

会場 リファレンス駅東ビル
福岡県 福岡市博多区博多駅東1丁目16-14 リファレンス駅東ビル
[地図を見る]
受講料

16,200円
※受講料は税込となっております。
※税込価格16,200円/1人(税抜き価格15,000円)
※講座の申込後にキャンセルされる場合は、本講座開催日当日の14~8日前までは20%、7~2日前までは50%、前日~当日は100%のキャンセル料を申し受けます。
※コンサルティング会社・会計事務所などの同業者のご参加はお断りいたします。ビデオ等の録音・録画機の持込はご遠慮願います。ご了承下さい。
※主催者側の都合により当日のカリキュラムが予告なく変更する場合がございます。
※やむをえず講師が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

財務と経営の本質を理解し、経営センスのある事務管理者になる!

概要

P/L,C/F,B/Sの読み方とそこから見える経営の捉え方や資金繰りの実務とノウハウ、ダム式経営を実践するための借入返済の考え方など、病院の事務管理者に求められる財務の読み解き方を身につけます。

カリキュラム

第1部 病院経営における数字力とは
□事務部門の経営センスが病院の将来を左右する
□病院会計のルール、特徴と決算書の体系
□財務会計と管理会計はどう違うのか?


第2部 事務管理者としての会計力
1.P/L(損益計算書)の視点から見る経営
 ①損益分岐点売上と固定費、変動費の関係
 ②病院コストの削減の実践ポイント
 ③利益配分と内部留保の判断の仕方とは
2.C/F(キャッシュフロー計算書)の視点
 ①病院の資金を不透明にする5つの謎
 ②借り入れた運転資金はどこから返済するのか?
 ③現預金残高の最低基準のダム式経営の実践
3.B/S(貸借対照表)の視点から見る経営
 ①P/L的短期思考からB/S的長期思考へ
 ②その借入金は何年で返済できるのか?
 ③自己資本比率と資金繰りの関係性
4.管理会計の手法〜部門別原価計算〜
 ①部門別原価計算とは?
 ②部門別原価計算の導入と活用事例

※当日は電卓と自院の直近決算書一式をお持ちください。

講師紹介


株式48271会社 日本経営
病院財務コンサルタント 藤原 ますみ

大手会計事務所で財務・会計に従事する。その後、平成11年(株)日本経営入社。以降、クリニック・病院・社会福祉法人の財務会計に従事し、有料老人ホームの立ち上げにも参画する。現在は、病院の財務・管理会計の導入を通じた経営改善も担う財務のプロフェッショナル。各都道府県が主催する研修でも講師を多数務め、数字に苦手な受講者でも「今までで一番分かりやすかった」と、絶大な支持を得ている。

 

 

お申込みはこちらから

申込者多数のため受付は終了しました

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ