セミナー

【WEB・大阪ハイブリッド開催 22/06/10~】介護事業所経営の未来を創る、第4期次世代介護経営者 経営幹部養成塾 2022年度

対象 経営者候補の方、管理者の職務に従事している方、将来的な管理者候補の方
開催日時 2022年06月10日

全9回13日 全日程10:00~17:00(現地開場9:30・WEB開場9:45)

会場 日本経営セミナールーム(大阪) もしくはZOOMによるオンライン参加
大阪府豊中市寺内2-4-1 緑地駅ビル3F
[地図を見る]
定員 30名 *最少催行人数15名
受講料(税込)

現契約先様 550,000円(税込)

一   般 660,000円(税込)

ご注意事項

・開催初日の5営業日前からのお取消しについては、お振込いただいた受講料をご返金することはできません。
・開催初日の6営業日以前のお取消しについては、既にお支払済の場合、返金手数料(一律税込1,000円)を差し引いてご返金いたします。
・受講料に参加のための交通費・宿泊費・食費は含まれません。ご自身で手配をお願いいたします。
・講師の急病や荒天・天災、申込者が弊社規定人数に達しない場合等により、講座の延期または中止、内容の変更、講師の変更をさせていただく場合がございます。その場合、中止に限り受講料を返金いたします。また、講座の延期や中止にともない受講者側に生じた受講料以外の費用等の賠償には一切応じかねますので、予めご了承ください。
・ビデオ・録音機の持ち込みはご遠慮願います。

【WEB受講の場合】
・当日、開講前に視聴リンク(URL)をお知らせします。事前に接続可能か確認の上、各端末から接続してください。原則としてカメラ付きのデバイスでご参加ください。

次世代介護経営者 経営幹部養成塾 塾長ご挨拶

近年の介護経営においては、部分ではなく全体観を持って、法人・事業所の経営を見渡せる人材が必要です。しかし、将来を担う人材の育成は決して簡単ではありません。

「次世代介護経営者・経営幹部養成塾」は、次の経営を担う幹部や管理者の方のための、9か月間にわたる『学びと実践の反復プログラム』です。介護経営に必要な知識とスキルを学んで頂くのは勿論、同じ立場で同じ期待・不安を抱える参加者の方々との切磋琢磨を通して、支え合う仲間作りの場でもあります。

次世代の介護経営を担う皆様との出会いを、心より楽しみにしております。

株式会社日本経営 取締役会長 藤澤功明

大阪ハイブリッド開催:年間スケジュール

将来構想力 の習得

第1回1日目は、派遣責任者のオブザーバー参加が可能となっております。(WEB参加可能)


1回
2022年
6/10(金)
第1講 法人・施設の理念・歴史の再解釈を行う
・法人の理念
・歴史の再解釈
・私たちが大切にしてきたことと、これから大切にしていきたいこと

第2講 最新の制度動向を理解し、地域の将来ニーズを明確にする
・2040年を見据えた地域包括ケア時代に求められる介護事業経営
・診療報酬・介護報酬の正しい理解( 苦手意識を無くす)
・今後求められる共生型サービスとは
・地域ニーズの正しい理解
6/11(土) 第3講 保険者の視点から介護福祉経営を考察する  
・地域の実情に応じた市区町村の取り組み
・行政と事業者を結ぶ「場」のあり方

第4講 介護経営の全体像を理解する  
・介護経営シミュレーションゲームChange の実施
・介護経営における悩み、葛藤を本音で語り合う
 課題:将来ビジョンの策定
・地域ニーズを踏まえた地域の中で不足している機能と当施設に期待されていること
・理念・歴史及び地域ニーズの読み込みから将来像を明確にする
6/12~7/7フォロー面談
第1回内容及び今後の取り組み課題に関して講師と個別面談(日程は個別調整)※一人1時間程度


2022年
7/8(金)
第5講 経営設計図の必要性を理解する
・経営活動の多様な視点を身に付ける
・法人の価値創造に向けた経営品質向上活動を理解する

第6講 リーダーシップを磨いて組織をマネジメントする
・次世代の経営者・経営幹部として求められるリーダーシップの考え方
・組織におけるマネジメントのポイント

第7講 組織アセスメントにより組織の現状と将来変化予測を明確にする
課題:組織アセスメントの策定
・現在のサービス提供価値と将来変化予測を整理
・現在の利用者等の顧客の特性と将来変化予測を整理
・地域内の競合施設の現在と将来変化予測
・自組織の特性の現在と将来変化予測


2022年
8/12(金)
第8講 他業界からの視点を学び経営を理解する
・他業界における経営実態の理解と実践事例を学ぶ
・介護経営への応用可能性を考える

第9講 ビジネスモデルキャンパスを活用して戦略を明確にする
課題:ビジネスモデルキャンパスの策定
・当施設のビジネスモデルを明確にする

サービス開発力・発信力の習得


4回
2022年
9/9(金)
第10講 サービス基準の統一化を行う
・今、介護の現場に求められるサービスの質とは
・介護サービスの質を考える:介護現場における現状
・どうすれば介護サービスの質は高まるのか
・専門性の前にまず基礎的な介護サービスの技術を、キャリア段位制度を基準として身に付けていくこと

第11講 トータルケア・ケアマネジメントを行う体制を整備する
・暮らしを支えるための計画書の流れ(導入時に計画書がどのように回るのか)
・リアルなゴール(目標)を設定するための情報収集とアセスメントの重要性
・施設長がおさえるべきケアプランと実行プラン
・24時間365日の暮らしを支えるための情報収集(トータルケア)
9/10(土)   第12講 自立支援型介護サービスの実践に向けた取組みを明確にする
課題:サービス開発計画の策定
・自立支援の本質とは
・お世話型介護から課題解決型介護への流れ
・自立支援型介護は世界を変える
・在宅復帰、要介護度改善、介護保険からの卒業、生活の質の向上を目指すサービスづくりとは

収益安定化力の習得

※財務データはサンプルをご用意いたしますが、自法人の財務データで受講していただくことも可能です。



2022年
10/7(金)
第13講 金融機関の介護事業者の見方を理解する
・地域の中での金融機関の役割と位置づけ
・銀行の今を知り、さらに内部事情を知り、銀行と仲良く付き合う方法を知る
・銀行がどのように介護事業所をみているのか~事業性評価の視点を学ぶ~
・中長期的な視点での資金計画が最も重要

第14講 財務管理手法の基礎と応用方法を理解する
・潰れる組織と潰れない組織の違い
・財務管理の基礎~ PL の理解と実務的収支管理~
・財務管理の応用~投資とリターンの理解(BS、CF)
10/8(土) 第15講 機能別採算を理解し、チームの採算を明確にする
・機能別採算の考え方による生産性向上を目指す
・現場が作る損益計算書が現場の主体性を育てる

第16講 地域営業の手法を理解する
課題:資金計画・営業計画の策定
・介護事業所の生き残りは営業力にかかっている
・「地域の何でも屋」として様々な関係機関の役に立つ
・一般的な営業と地域営業の違い
・段階をわけて実践に備える(第1段階~第4段階)

組織マネジメント力の習得



2022年
11/11(金)
第17講 上司を支える部下力を考察する
・部下力に対する理解
・リーダーに対する理解

第18講 介護事業所における幹部の仕事の実務を理解する
・利用者管理、利用者情報の収集と疾病に対する理解
・キーパーソンとの関係構築に向けた手順
・職員管理のポイント
・施設・設備管理のポイント

第19講 組織開発手法を理解する
 ・組織づくりのポイント。職員の意欲と満足度向上に向けて
・モチベーションの源泉に欠かせない1on1面談手法
・働き方改革で求められる介護施設での労務管理の実務
11/12(土) 第20講 実地指導対策手法を理解する
 ・関係法令等の遵守はサービス品質の土台にあるもの
 ・実地指導の傾向と対応ポイントを学ぶ

第21講 ICTを用いて、生産性向上手法を理解する
・介護業界を取り巻くICTの動向を理解する
・ICTの活用事例と活用のポイント~投資に見合った活用を考える~

人材マネジメント力の習得



2022年
12/10(金)
第22講 働きやすさという人材戦略を理解する
・働きやすさに追求に関して13個のお品書き
・サポート面談の仕組みと話し合いの改善による働きやすさの向上

第23講 人材獲得手法を理解する
・採用ターゲットごとにあわせたブランディング
・各ターゲットに刺さる訴求情報をたな卸し
・職場見学・職場体験・面接による惹きつけ手法
・職員紹介制度の仕組み化

第24講 海外人材採用の動向・手法を理解する
・海外人材採用の最新動向と具体的対応実務

分析・計画策定力の習得

※第9回の成果発表会は派遣責任者様のご参加をお願いしております。(WEB参加可能)



2023年
1/13(金)
第25講 財務管理手法の基礎と応用方法を理解する(実践感想
・財務管理手法の基礎理解と実践

第26講 目標・計画設定方法を理解する
・ビジョン・戦略に基づく事業目標の設定
・事業目標を達成するための重要成功要因と主な目標指標の特定
・具体的な目標値と実践につなげるアクションプランの策定
・戦略の徹底が経営の差をつける PDCA サイクル


2023年
2/25(土)  
第27講 現状分析結果と計画内容を発表する
・成果物として策定した実行プランを全体に対して発表
・発表内容に対する講評
・発表内容を踏まえた卒業式

オンライン開催においても集合型研修時と同様にグループワーク等を各種Webミーティングシステムを活用しながら実施をしていきますので、参加者の方々との交流、情報交換も変わらず実施可能ですのでご安心ください。
オンライン開催での影響も鑑みて、講師(日本経営)と受講者との個別面談(Web)の追加実施を予定しています。毎回提出いただく各種課題の進捗や講義内容の振り返りを行うと共に、受講者の悩みや取り組みに関する不安事項も解消します。

※当日の研修内容は多少変更となる場合がございます

受講にあたって

ご注意事項

  • 開催初日の5営業日前からのお取消しについては、お振込いただいた受講料をご返金することはできません。
  • 開催初日の6営業日以前のお取消しについては、既にお支払済の場合、返金手数料(一律税込1,000円)を差し引いてご返金いたします。
  • 受講料に参加のための交通費・宿泊費・食費は含まれません。ご自身で手配をお願いいたします。
  • 講師の急病や荒天・天災、申込者が弊社規定人数に達しない場合等により、講座の延期または中止、内容の変更、講師の変更をさせていただく場合がございます。その場合、中止に限り受講料を返金いたします。また、講座の延期や中止にともない受講者側に生じた受講料以外の費用等の賠償には一切応じかねますので、予めご了承ください。
  • ビデオ・録音機の持ち込みはご遠慮願います。

【WEB受講の場合】
・当日、開講前に視聴リンク(URL)をお知らせします。事前に接続可能か確認の上、各端末から接続してください。原則としてカメラ付きのデバイスでご参加ください。

お支払いについて

  • お振込先等につきましては、開催決定後に申込書記載のメールアドレス宛にご連絡をいたします。
  • 開催2週間前になってもメールが届かない場合には、迷惑メールフォルダをご確認の上、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
  • 勤務先のご都合などにより、早めのお手続きが必要な場合には恐れ入りますが、事務局までご相談いただきますようお願いいたします。

講師紹介

宮島 渡 氏宮島 渡 氏
日本社会事業大学専門職大学院
福祉マネジメント研究会特任教授
全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会 理事長
大学卒業後に民間金融機関に就職。1987年より茨城県内の特別養護老人ホームに生活指導員として勤務し、1991年に長野県に移住。医療法人に所属して特別養護老人ホームアザレアンさなだの建設に着手。1993年には同施設と真田町デイサービスセンターを開所し、施設長に就任。全国小規模多機能事業者連絡会会長、日本社会事業大学専門職大学院特任教授なども兼務。
森 剛 氏森 剛 氏
株式会社ポラリス 代表取締役
医療法人社団オーロラ会 理事長

2000年度の創業以来、「いつまでも住み慣れた家と地域で元気に暮らしていただく」という変わらぬ思いで、ご利用者に身心ともに元気になっていただくための自立支援介護の考え方を追求し、パワリハをはじめとするリハビリプログラムを丁寧に運用する「質」の向上を追及し続け、直近5年間で約500名の介護保険卒業者を生み出し続けている。
藤澤功明藤澤功明 
株式会社 日本経営 取締役会長
入社後、新規営業・新商品開発・事業開発などを推進し、2007年より株式会社日本経営 代表取締役社長(三代目)。グループ各社の組織化と国際化を推し進め、2015年に会長就任。次世代の育成、事業承継については随一の実績を持ち、特に組織を一枚岩にするコンサルティングには定評がある。(公社)日本医業経営コンサルタント協会会員 認定登録 医業経営コンサルタント。
坂 佑樹坂 佑樹
介護福祉コンサルティング部 部長

2004年に日本経営入社。15年間で医療機関・介護事業所を中心に延べ120法人以上へのコンサルティング実績を有している。『「誰もがその人らしく暮らすことを 選択できる」社会の実現に貢献する』をコンセプトに日本経営の介護福祉専門のコンサルティングチームを結成。特に戦略策定支援、事業所開設支援、満室対策、ケア基準の統一化、管理職研修と一般職員研修、キャリアパス・教育体系構築と賃金制度構築、など介護事業所経営に関するコンサルティングを得意としている。

 ほか多数登壇予定

セミナーお申し込み受付終了

こちらのセミナーは、受付終了とさせていただきました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

関連する事例

「家計簿」を導入し生産性アップ、1,000万円の増益と職員の平均年収増 

  • 介護福祉施設

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

介護福祉施設の経営分析・事業調査報告書 提案書

  • 介護福祉施設

関連するお役立ち情報一覧を見る