セミナー

【Web受講 2020/06/16】今こそ考える、人件費コントロールの考え方

対象 医療・介護事業所の経営者、経営幹部、人事担当者 ※同業の方のご参加はお断りしております。
開催日時 2020年06月16日

16:00~17:00(接続開始15:45)

会場 Web中継
(「ZOOM」の使用、接続方法は開催前に担当者よりメールにてご案内いたします。全国どこからでも個人の端末でご受講いただけます。インターネット環境、受講用の端末はご自身でご用意ください。)
定員 100名
受講料(税込)

無料

ご注意事項

※著作権法上の観点から、いかなるデバイスにおいても録画・録音はご遠慮ください。
※視聴に使用される端末の処理速度や回線によっては、映像や音声が乱れる場合がございます。視聴されるLAN環境での制限により、再生ができない場合がございます。ご視聴状況に関するお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください。
※機材の故障その他理由により、セミナー開始日時を過ぎても配信開始できない場合には中止とし、改めて担当者からご連絡いたします。
※本申込書にご記入いただきました個人情報は、セミナーの受付管理事務及び申込者様へのご連絡、今後のセミナーのご案内のみに利用し、その他の目的で利用することはございません。
※当日ビデオなどの録画・録音機の持ち込みはご遠慮願います。
※資料のみのご請求はお断りしています。
※税理士、社会保険労務士、コンサルタントなど、同業の方のご参加はお断りしております。

セミナー概要

新型コロナウイルス感染症への対応・対策で多大なる不安や重圧を感じながらも、日々ご尽力されている医療介護事業者の皆様に深く感謝申し上げます。

このような状況下で、減収状況における給与保障の問題が経営者および職員の皆様が抱えている不安の1つとなっているのではないでしょうか。事業存続のための最終手段として給与削減や昇給停止などの選択をする場合は、労務上のリスク対応だけでなく職員の十分な納得が不可欠であり、非常に慎重な判断が求められます。 本セミナーでは、業績悪化時の事業存続手段として給与削減を実施する際のリスクと留意点を解説します。また、健全な経営のためには中長期的に人件費をコントロールできる制度整備が肝要といえるため、人件費コントロールを可能とする手法も紹介いたします。

講演内容

(1) 最終手段としての給与削減のリスクとは

(2) 給与への納得に欠かせない公正性の考え方

(3) 給与削減を実施する際の確認事項と留意

(4) 健全な経営を支える人件費コントロールのあり方

お申込期限

開催前日の17時30分以降は、お申込フォームにご入力頂いても受付ができません(システム上、17時30分以降にお申込みいただいた場合も受講案内が届く場合がありますが、その場合も無効となります)。 あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。

受講方法

本セミナーはWebセミナーツールにて配信をいたします。
お申し込みの方には担当者から開催前に視聴リンク(URL)をお知らせいたします。ご自身の端末から接続をお願いいたします。できるだけ静かな場所で参加いただくようにお願いいたします。

インターネットの環境、受講用の端末はご自身でご用意ください。インターネットにつないだパソコン若しくはタブレット端末をご用意ください。スマートフォンはご遠慮ください。

ZOOMというアプリケーションを用いてセミナーに参加いただきます。ボタン一つで参加できますが、タブレット端末からは事前にアプリケーションをインストールいただく必要があります。(パソコンの場合は、セミナー前にお送りするURLをクリックすれば自動でインストールされます。)

すでにZoomアプリをお使いの方は、【バージョン5.0.0以上】への更新を必ずお願いいたします。
※5.0.0未満の場合、セミナーへの参加ができない恐れがあります。

講師紹介

  • 大木仁詞(株式会社日本経営 コンサルタント)

セミナーお申し込み受付終了

こちらのセミナーは、受付終了とさせていただきました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

関連する事例

コンサルティング事例/収益改善にあたり経営感覚や危機感を腹落ちさせる

  • 病院・診療所・歯科

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 20/07/01~20/07/31】医師を動かすマネジメントセミナー

  • 病院・診療所・歯科

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

コンサルティング・レポート「医師の勤務負担軽減のためRPAを導入」

  • 病院・診療所・歯科

関連するお役立ち情報一覧を見る