メニュー

Close

HOME

平成30年度税制改正、中小企業事業承継へのインパクト


日本経営トピックス 2017/12/19号 

 

平素は大変お世話になっております。日本経営グループの「関心・感動・感謝」をピックアップした、メールニュースです。セミナー申し込みや名刺交換などご縁を頂きました皆様にお送りさせていただいております。

 

平成30年度税制改正大綱のインパクト 

平成29年12月14日、平成30年度与党税制改正大綱が公表されました。

 

年収850万円超の会社員への所得税増税、たばこ税増税など、個人の増税を軸に、差し引き2,800億円の増税とも報道されています。

 

企業経営に大きなインパクトのある減税も挙げられています。

 

日本経営ウィル税理士法人の座間昭男(パートナー税理士)と、吉岡潤(社員税理士)に、今回の税制改正大綱のポイントについて尋ねました。

 

 

改正速報ダウンロードは、
下記の画像をクリック!

↓ ↓

 

 

新認定医療法人、病院事業承継の予備調査 

平成29年9月29日に認定要件の詳細が示された「新認定医療法人」制度。

 

全国の病院で進めている予備調査や対策立案の現状を踏まえて、日本経営ウィル税理士法人の大坪洋一(社員税理士)と、山本忍(部長)に、ポイントを尋ねました。

 

 

インタビュー内容は、
下記の画像をクリック!

↓ ↓

 

 

日本経営グループ
お問い合わせ  配信スタート・変更  配信ストップ

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ