メニュー

Close

HOME

【福岡市主催】介護事業所向け経営力強化研修

対象 福岡市の指定介護サービス事業所のトップマネジメント、または 将来トップマネジメントを担う方
開催日時 2019年06月27日(木)

研修時間 13:00~17:00(※全日程共通)

 

2019年 : 6/27(木)、7/23(火)、8/23(金)、9/27(金)、10/24(木)、11/29(金)、12/20(金)
2020年 : 1/17(金)、2/20(木)、3/6(金)

会場 リファレンス駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
[地図を見る]
受講料

50,000円(税込)

この研修は、福岡市の指定事業所を対象とした研修です。そのため、指定事業所以外のお客様のご参加はお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

※受講料は、原則としてすべてを受講するパッケージ料金です。いずれかの講座に参加できなかった場合につきましては、講座のテキストと動画をお送りいたします。参加できない場合は、事前にご連絡ください。
※参加のための交通費・宿泊費等は受講料に含まれておりません。

真の経営力を、あなたに

本研修は、トップランナーの経営者を輩出していくことを目的とし、福岡市が企画立案したものである。

福岡市指定介護サービスを提供する介護事業所の経営者および経営候補者を対象に、意識改革や総合的なマネジメント力を強化し、職場環境や職員の処遇改善につなげることで、職員の定着および新たな人材の確保を図ることを目的とする。

講座の特徴

網羅的に経営スキルを学ぶ 本事業では「財務の視点」「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「学習と成長の視点」の4つの視点に基づいて、プログラムを構成しております。経営における重要な考えを網羅的に学んでいただき、 経営者として必要なスキルを習得してもらいます。
「理論と実務」両面から理解する 講義のみではなく、ワーキングの時間も多く取り入れます。講義でインプットした理論を、ワーキングにてアウトプットすることで、研修内容の理解を最大限に深めます。
本気の他流試合とコミュニティづくり 本研修は、福岡市指定の介護事業所の経営者層を対象としています。経営者同士での議論を通じて、それぞれのアイデアを掛け合わすことで、イノベーションを起こしていきます。また、参加者同士で関係性を深め、研修後もサポートしあえる状態をつくります。

 

 

研修スケジュール

研修日

担当講師

研修内容

2019

6/27(木)

橋本竜也 ・オリエンテーション
・経営の意義
・経営者としての考え方

2019

7/23(火)

田島一志 ・介護経営における数字力について
・損益計算書の視点から見る経営
・キャッシュフロー計算書の視点
・貸借対照表の視点から見る経営

2019

8/23(金)

太田昇蔵 ・事前講義
・経営シミュレーションゲーム「Change」の実施
・事後ワーク

2019

9/27(金)

木戸邦夫
太田昇蔵
・外部から求められていることを適切に把握する
・自法人が取り組むべきことの明確化
・介護事業の生産性を高める経営力強化方法について

2019

10/24(木)

竹重俊文 ・自立支援に向けた介護事業所の取組みについて
・2025年を見据えた、介護事業所のポイント

2019

11/29(金)

松川竜也
村木茂満
・これからの介護経営
・介護サービスマネジメントの高め方

2019

12/20(金)

吉岡由宇 ・介護業界で活用するITシステム
・ITデータから学ぶケアの質向上について

2020

1/17(金)

山田一久
松浦総太郎
・地域から求められる法人の在り方
・介護報酬改定から予測される今後の対策
・介護業界に求められる人事制度の考え方

2020

2/20(木)

近藤武夫
松浦総太郎
・超短時間労働とワーカーシェアリング
・ケースワーク

2020

3/6(金)

橋本竜也 ・全10回の振り返り、経営者としての誓い、研修修了証の配布など

 

詳細はこちら

 

講師紹介

外部講師




社会福祉法人援助会聖ヨゼフの園 理事長 木戸邦夫

金融機関の支店長などを経て,14年前に現法人に出向。施設長・理事長を兼任。前職では人事部等で組織全体の人事管理や採用担当責任者などを務めた。聖ヨゼフの園では,組織管理や職員教育についての豊富な知識を生かして,施設の経営改善や人材育成を行っている。 

社会福祉法人福智会 特別顧問 吉岡由宇

大阪大学で学位取得後,物性物理の理論研究者として特任研究員を務める。介護システムNoticeの開発を通じて,介護現場の業務改善を目指す。

社会福祉法人スマイリングパーク 理事長 山田一久

IT企業を経て,介護業界へ転職。きっかけは友人(身障1級)との登山。2002年社会福祉法人丸野福祉会(現社会福祉法人スマイリングパーク)特別養護老人ホームほほえみの園にて相談員,施設長を経て,理事長に就任。関わる人みんなで一緒に組織を創り上げることを目指している。

東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野 准教授 近藤武夫

多様な人々,特に,通常の雇用機会から排除されがちな障害のある人々を,通常の企業に包摂するシステムの構築と地域社会への実装を行うプロジェクト「IDEAモデル」を提唱。超短時間雇用スキームにより,週あたり数時間程度のごく短い時間から,職務定義が明確なジョブ型雇用を目指す。現在までに,川崎市,神戸市,ソフトバンク株式会社と共同研究契約等に基づいた実践を展開し,多くの自治体や企業,メディアから関心が寄せられている。

一般社団法人地域ケア総合研究所 所長 竹重俊文

24年間の地方行政での勤務経験を活かして、介護保険施行以前から長野県の民間医療機関にて、可能な限り街中で支える機能としての介護事業展開を実務的に実践。長野県・富山県の介護支援計画等策定委員を歴任し、地域住民参加型コミュニティづくりの経験も豊富。地域人材も巻き込んだ介護事業経営が強み。

沖縄県子ども生活福祉部 高齢者福祉介護課 統括アドバイザー 松川竜也

社会福祉法人の法人本部長・主任介護支援専門員として厚生労働省の各種委員会・検討会にも委員として多数参加している。自立支援につながるケアプラン作成を強みとしている。

日本経営グループ

講師

株式会社日本経営 取締役 橋本竜也

入社後、人事コンサルティング部門に配属され、人事制度改革に携わる。2006年には半年間、調剤薬局に出向し、収益改善と組織改革を実現。コンサルティングにおいては、債務超過先の経営再建にも従事。組織の永続発展における人材育成というテーマでも高い成果をあげている。

株式会社日本経営 次長 太田昇蔵

民間急性期病院の医事課を経て入社。医療情報システム導入支援を皮切りに業務を行い、東京支社勤務時には医療関連企業のマーケティング支援を経験。現在は、医師人事評価制度構築支援やBSCを活用した経営計画策定研修講師、役職者研修講師を行っている。

株式会社日本経営 次長 松浦総太郎

社会福祉法人、民間の福祉機関を対象に70件以上の組織・人事改革実績を有する。人事制度構築をはじめ、管理職・一般職への教育にも従事している。社会福祉協議会、社会福祉事業団、各種団体での講演実績(累計20回以上)その他、各種団体での多数の講演実績がある。

日本経営ウィル税理士法人 課長 田島一志

公認会計士として20数年のキャリアがある。大手監査法人、中小監査法人を経て、現職。現在、医療法人、社会福祉法人の会計担当を行っている。

株式会社日本経営 顧問 村木茂満

特別養護老人ホーム・デイサービス・小規模多機能など複数の施設を持つ大阪府下の社会福祉法人の統括本部長を経て弊社に入社。現在は、介護施設の経営指導や各種団体での講演を行っている。

お申込みはこちらから

申込者多数のため受付は終了しました

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
歯科経営支援
©日本経営グループ