メニュー

Close

HOME

【大阪開催】介護経営の生き残りの鍵は「アウトカム(成果)」!自立支援介護が介護経営を健全化する

対象 理事長、施設長、事務長、人事担当者様
開催日時 2019年04月25日(木)

15:00~17:30(受付開始14:30)

会場 株式会社日本経営大阪本社
大阪府豊中市寺内2-13-3 緑地駅ビル6F
[地図を見る]
受講料

無料!

※コンサルティング会社・会計事務所などの同業者のご参加はお断りいたします。ビデオ等の録音・録画機の持込はご遠慮願います。ご了承下さい。

概要

介護施設における倒産件数が年々増加しています。M&A、事業再生など、業界の再編が加速してきており、介護経営において抜本的な経営改革の必要性が高まっています。本セミナーでは、これからの介護経営において最も重要な「自立支援介護」というサービス上の競争優位性をもち、経営管理との両軸からこれからの激動時代を生き抜くための介護経営の具体的な実践方法についてお伝えします。

 

講演テーマ

第一部

自立支援介護が介護経営を健全化する [演者]株式会社ポラリス 代表取締役 森 剛士 氏

Ⅰ.動画でみて考えてみる『高齢者になってどのように暮らしたいか?』

  • 現在、自事業所で実践している自立支援介護について考える

 

Ⅱ.ポラリスにおける自立支援介護『KPIデータからみる差別優位性』

  • 世界が注目している『アジアに紹介すべき「日本的介護」』の最新動向について
  • 2021年度介護報酬改定で求められるアウトカム~2018年度改定の意義・目的~ 
  • 介護業界における働き方改革!生産性向上と自立支援介護の相性
  • 5年間で500名超の介護保険卒業者の輩出と新規利用者獲得・稼働率向上の関係
  • ポラリスにおける自立支援介護メソッドの具体的な事例紹介
  • 「自立支援介護」メソッドを通じて地域を世界を変えるポラリスの実践事例
第二部

介護経営の実際と自立支援介護の導入ステップとは?

Ⅰ.再生案件から学ぶ介護経営失敗のポイント 介護経営はサービスの優位性が不可欠

Ⅱ.「経営管理」×「サービス管理」 両面からのバリューアップがなければ淘汰される

Ⅲ.介護経営の生き残りの「鍵」となる自立支援介護の導入ステップとは?

  • メソッドの導入の前に必要なフィロソフィ 自法人における自立支援介護とは?
  • 自立支援介護の導入に必要な条件 ケア基準の統一と5つの執行管理機能の整備
  • 自立支援介護の導入ステップの解説 3STEPによる導入

 

スケジュール

時間

テーマ

15:00

開会

15:00〜15:10

開会挨拶 株式会社日本経営 取締役 小畑隆成

15:10〜16:10

第1部 講演 森 剛士 氏

「自立支援介護が介護経営を健全化する」(60分)

16:10〜16:20

休憩

16:20〜17:10

第2部 講演 坂 佑樹

「介護経営の実際と自立支援介護の導入ステップとは?」(50分)

17:10〜17:30

質疑応答

17:30

閉会 

 

資料をダウンロード

 

講師紹介

株式会社ポラリス 代表取締役 森 剛士 氏

[プロフィール]
株式会社ポラリス 代表取締役
医療法人社団オーロラ会 理事長
一般社団法人 日本自立支援介護・パワーリハ学会 理事
一般社団法人 日本デイサービス協会 副会長

[会社概要]
平成12年度の創業以来、「いつまでも住み慣れた家と地域で元気に暮らしていただく」という変わらぬ思いで、ご利用者に身心ともに元気になっていただくための自立支援介護の考え方を追求し、パワリハをはじめとするリハビリプログラムを丁寧に運用する「質」の向上を追及し続け、直近5年間で約500名以上の介護保険卒業者を生み出し続けています

 

株式会社日本経営 副部長 坂 佑樹

 

お申込みはこちらから

申込者多数のため受付は終了しました

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ