メニュー

Close

HOME

クライアントの経営を守るために、働き方改革 実務ハンドブック

2019.06.14

専門家が知見を持ち寄った実務ハンドブック、 「同一労働 同一賃金」対応の決め手!!

同一労働同一賃金病院・介護施設“経営”のための 「同一労働 同一賃金」対応の決め手! が発刊されます。

働き方改革の中で最難関と言われる「同一労働 同一賃金」。中身を知れば知るほど、不安の声を、数多くお聞きしています。

・人件費の高騰が避けられない

・職員の働き方や価値観そのものが変わってしまう

・私たちが大切にしてきた価値観が、ことごとく失われてしまう

・もう、なるようにしかならない ・・・

「あのときから経営がおかしくなった」と後悔しないために、同一労働同一賃金という難関にどう取り組めばよいのか。

私たちのクライアントの経営を守るために、専門家が知見を持ち寄りカンファレンスを重ね、実務ハンドブックをまとめました。 (2019年6月19日発刊、税込2,000円)

 

ご購入は、こちらから

 

収録内容

 

第1章 全体像を捉える

1.同一労働同一賃金の目的と背景

2.弊社のスタンスならびにお断り

3.経営者として考えておくべき3つのこと

 

第2章 同一労働同一賃金とは一体、何なのか?

4.同一労働同一賃金の実現に向けて求められていること

5.同一労働同一賃金対策の流れ

6.同一労働であるかどうかの判断の進め方

7.均等待遇に向けた対応

 

第3章 どう切り抜ける“均衡待遇”という難関

8. 最大の難所!均衡待遇に向けた対応 

9. 均衡待遇に向けた対応 ~項目別の不合理ではない差の設定ポイント 

10. 非正規労働者に対する教育機会の提供の取り組み 

 

第4章 同一労働同一賃金対応のゴール

11. 非正規労働者の正規労働者への転換促進の取り組み 

12. 説明義務の履行のための取り組み 

13. 事業者として取り組まなければならないことの再整理 

14. 法律をクリアしても従業員との関係が悪化しては意味がない 

 

特集 弁護士×コンサルタント特別対談

「あの時から経営がおかしくなったと後悔しないために企業価値を上げる働き方改革とは?」 収録

 

「あなたの法人対応必要度、他法人と比較すると?」対応必要度スピードチェック付き

 

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ