メニュー

Close

HOME

「金融資産が4億しかないのに、妹に7億円支払った遺産分割」事例

2019.09.02

金融資産が4億しかないのに、妹から「7億円でどうだ」と言われた・・・。

税務相談

遺産分割協議が始まった。

宮園源次郎(仮名)の主張はこうだ。

「自分は会社を承継している。不動産10億円は会社の経営に不可欠だ。それは相続するので、妹の花子には、残りの金融資産4億円を相続させてはどうか。」

精一杯、妹に気を遣っての提案であった。

しかし、花子の主張は違っていた。

「不動産が会社の経営に不可欠であることは分かる。そうであれば、不動産を会社に買い取ってもらい現金にして、合計14億円を源次郎と花子で平等に相続すればいいのではないか。」

源次郎は飲みかけたお茶を噴き出した。そんな要求をされるとは、思ってもみなかった。

 

税務相談事例は、こちら

 

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ