医師人事マネジメントの事例

医師人事評価制度の導入・運用
専門家が無料でWeb解説

業績に繋がる、医師マネジメントシステムとは

病院経営において、医師のパフォーマンスは極めて重要です。

  • 診療科によって黒字・赤字の差が大きい
  • 病院目標を立ててもなかなか医師が動いてくれない
  • 医師間のパフォーマンス(受持患者数、外来患者数など)に差があり、不公平感を感じている

期待が大きいがために、様々な声が漏れ聞かれるものです。

確かに病院業績を高めていくためには、医師のアクションは必須です。

しかし、アクションを生み出すためには何が必要なのか。どのように環境を整えれば、病院の戦略・方針に皆のベクトルを合わせていくことができるのか。

これまで全国の診療部長はじめドクターの方々と面談を繰り返し、医師マネジメントシステムを導入・運用支援してきた専門家が、業績に繋がる設計の枠組みや具体的な進め方などを、Web解説・ご相談にお答えします。

太田昇蔵
株式会社日本経営/福岡

中野翔太
株式会社日本経営/大阪

南雲千尋
株式会社日本経営/東京

Web解説(無料)では、ご相談内容に応じて適任の専門家をマッチングします。ご希望日を専用フォームから登録の上、インターネットに繋がっているパソコン(カメラ搭載またはWebカメラ付属)または、タブレット・スマートフォンをご用意ください。

医師マネジメントシステムご相談事例

  • 人事制度導入にあたり、医師から反発はないか。
  • 業績に関する評価に対して、「お金儲け主義」などといった誤解や反発が生じないか。
  • 具体的に目標設定はどのような指標を目標とするのか。
  • 医師は病棟、外来、学会活動など、様々な動きをしているが、どのようにして評価するのか。
  • 当院は黒字病院だが、その場合はどのような目標を立てるのか。
  • パフォーマンスに応じた処遇反映はどのようにするのか。
  • おおよそどれくらいの時間をかけて制度構築をするのか。
  • 病床規模や医師数によっては、制度が合わないなどはあるか。
  • 医師を巻き込むといっても、どのようにして行うのか。

Web解説 申込みフォーム(無料)