病院・介護福祉コスト削減の事例

病院・介護福祉施設のコスト削減
専門家が無料でWeb解説

コスト削減したいが、何から着手すればよいか分からない

病院・介護福祉施設では、ただでさえ固定費の大きな事業構造の中で、なんとか利益を確保しようと思えば、コスト適正化は避けて通れないテーマです。

しかし、コストの見直し・適正化には、「ベンチマークとなるデータ」と「独特のノウハウ」を必要とします。それを推進するマイスターとも呼べる「人材の育成」も不可欠です。

まずは、短期的にどれだけコスト削減効果が得られるのか、目利きするところからがスタートです。専門家がWebでヒアリングし、解説します。

鬼丸敬
コンサルタント(コスト削減)

土橋洋之
コンサルタント(コスト削減)

Web解説(無料)では、ご相談内容に応じて適任の専門家をマッチングします。ご希望日を専用フォームから登録の上、インターネットに繋がっているパソコン(カメラ搭載またはWebカメラ付属)または、タブレット・スマートフォンをご用意ください。

病院・介護福祉のコスト削減ご相談事例

  • 統計値などと比較して収益に占める費用の割合が高い。
  • 収益に貢献しない経費など、どこから着手すれば効果的に進むか。
  • 積極的に先導してくれる事務部門のスタッフがいない。
  • 医薬品や診療材料の見直しが、現場の反発があって上手く進まない。
  • 現場任せで発注がされており、責任者のチェックがかかっていない。
  • 部署ごとのセクショナリズムが、全体最適化の障壁になっている。
  • 価格交渉の適正ラインをどう見極めればよいか。
  • 業者から「限界」だと言われているが、これ以上の対応は無理か。
  • 取り引き業者から定期的な改善報告・提案がない。
  • 現場のやり取りの中で、契約内容がいつの間にか変わっている。
  • まずは短期的に成果の上がるコスト適正化の方法はないか ほか

Web解説 申込みフォーム(無料)