医療法人成りのメリット・デメリットWeb解説

「医療法人成りのメリット・デメリット」
専門家が無料でWeb解説

当院の場合、医療法人になるべきなのか、なるべきでないのか。

所得が高ければ、医療法人成りの経済的メリットは、かなり高額になると考えられます。しかし、医療法人成りは、目の前の経済的メリットだけで意思決定はできません

20年後、30年後どのようなことが想定されるか。医療法人成りのシミュレーションと目利きを、専門家がWeb解説・ご相談にお答えします。

小松裕介
日本経営ウィル税理士法人

八百健史
日本経営ウィル税理士法人

宮前尭弘
日本経営ウィル税理士法人

Web解説(無料)では、ご相談内容に応じて適任の専門家をマッチングします。ご希望日を専用フォームから登録の上、インターネットに繋がっているパソコン(カメラ搭載またはWebカメラ付属)または、タブレット・スマートフォンをご用意ください。

医療法人成りご相談事例

  • 医療法人成りのメリット・デメリットを知りたい
  • 医療法人になることで、所得や税金はどのようになるか
  • 医療法人になると、いまよりも資金が手元に残るようになるか
  • 家族が理事に就任した場合、どれくらいの報酬を支払えるのか
  • 医療法人成りにあたり、事業に使っている不動産の最適化も考えたい
  • 当院の場合は、医療法人になるほうがいいか、ならないほうがいいか
  • 将来収益が下がったら、医療法人のメリットはなくなるのか
  • 医療法人になれば将来退職金を受け取れると聞いたが、どれくらい受け取れるのか
  • 息子への承継を考えたとき、個人診療所と医療法人のどちらがスムーズか
  • 親族の中に後継者がいないが、医療法人になるべきではないか
  • 医療法人になることで、登記や届出など煩雑になる業務にはどのようなものがあるか
  • 医療法人成りの手続きは、どのようなスケジュールで進めることになるか ほか

Web解説 申込みフォーム(無料)