事例紹介

デイサービスの稼働率が50%から75%に回復、コロナで悪化した収支の改善策

「コロナで稼働率急落」「人件費圧迫と赤字経営」「職員の離職」

社会福祉法人「白老福祉会」は、デイサービスを中心に複数の介護施設を運営する社会福祉法人。コロナ禍で稼働率が急落し、赤字経営が続いています。
  • 介護福祉施設
  • 経営戦略・事業構想
  • 収益向上・経営改善
  • 0人~50人
  • 51人~100人
  • 101人~300人
  • 301人~500人
  • 501人~1000人
  • 1001人~

9割を維持していた稼働率が、コロナにより急落

社会福祉法人「白老福祉会」は、デイサービスを中心に複数の介護施設を運営する社会福祉法人。稼働率は9割を維持していましたが、コロナ禍で急落。感染症対策で定員の5割程度と事業運営が低迷しています。

営業力強化、収益改善、業務改善‥‥目一杯取り組んでいますが、改善の兆しが全く見えません。

稼働率の高さに頼った運営から脱却

コンサルタントの宮森から、「従来のような稼働率の高さに頼った運営でなく、どのような状況下でも安定収益を得られる体制づくりが必要」とアドバイスを受けました。

そこで、これまで表面化していなかった「現場のムリムダムラ」を見直すことから着手。「ライン表」を導入した結果、職員がやるべきことが明確になり、無駄な動きや業務の集中をコントロールできるようになりました。

  • 赤字が解消、新しい取組みで利用者の満足も実感!
  • 職員の離職が明らかに減少!
  • 受入れ枠が明確化により、稼働率が50%から75%まで回復!

ライン表の導入で、稼働率に応じた安定運営に

様々なお役立ち情報を一気にダウンロード可能です。ご希望の資料を選択ください。

関連する標準提案書

介護サービスの向上

「職員主体のケアが現場で横行している」「職種ごとに意見が異なり、取り組みが前に進まない」「他施設との差別化が必要だが、何から取り組めば…

人員配置の適正化

「LIFE導入により現場の負担が増加している」「人件費が年々増加している」「現場からは忙しい、人が足りないといわれるが人の確保が難しい」…

利用者獲得の営業

「相談員が営業に行かない」「営業データが蓄積されず、非効率な営業になっている」「組織内に営業ノウハウが蓄積される仕組みがない」…

関連する事例

病院コンサルティングのサービス一覧

  • 病院・診療所・歯科

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 22/08/23】80床以下の有料・サ高住 新規開設・展開推進セミナー

  • 介護福祉施設

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

介護DXのメリットとは?DXを推進する理由と効果的に進めるための3つのステップ 

  • 介護福祉施設

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス