事例紹介

介護福祉の人事制度見直し事例「離職率が25%から10%に、成果に繋がるやり方」

「離職率が25%」「採用が年間4人」「人材が育っていない」

社会福祉法人「御堂筋会」 の2代目の理事長。法人の拡大と介護分野への進出に意欲がありながら、人材難に苦しんでいました。離職率は25%、採用が年間4人。人材が育っていないことに危機感を感じた理事長は、自身の経験から人事制度を刷新するも、現場の手間を増やしただけで何の結果にも繋がりませんでした。
  • 介護福祉施設経営
  • 組織・人事マネジメント
  • 経営戦略・事業構想
  • 0人~50人
  • 51人~100人
  • 101人~300人
  • 301人~500人
  • 501人~1000人
  • 1001人~

人事制度を見直したものの、現場の手間を増やしただけ

新規特養の立ち上げに伴い、中堅職員を移籍させた荒岩理事長。しかし中堅職員が育っていない状況を目の当たりにし、愕然とします。

そこで、これまでの経験やノウハウをもとに、人事制度に手を加えることにしました。

しかし現場からは、すぐに反発の声が上がります。

  • 手間が多くて、面倒です。やる意味があるのでしょうか…
  • 仕事の負担が増えました。現場が回りません…

結果的に現場の手間を増やしただけで、人材育成にも職員定着にも繋がりませんでした。

困った理事長は、コンサルタントの宮森に相談することに…

組織活性化のためには、効果的な改善ポイントがある

一通り話を聞いた宮森から、

「人事制度は一方的に決めればよいわけではなく、職員・組織の活性化に繋がるように見直したいものです」

「組織活性化のための要因を調べるところから始めましょう」

と提案されたのでした…

成果に繋がる人事制度見直しの進め方とは?

コンサルティングの結果は明白でした。

  • 離職率が、25%から10%へと減少
  • 採用が年間4人から14人へと増加

なによりも、どのように進めて何を見直せば成果に繋がるかを体得できたことは、組織の今後にとって大きな経験・財産になりました。

人事制度の見直しは、成果の出る進め方があります。

人事評価制度をどう見直したのか(事例ストーリー)

いますぐにでも改善に取り組まれたい場合(標準提案書)

関連する標準提案書

介護サービスの向上

「職員主体のケアが現場で横行している」「職種ごとに意見が異なり、取り組みが前に進まない」「他施設との差別化が必要だが、何から取り組めば…

人員配置の適正化

「LIFE導入により現場の負担が増加している」「人件費が年々増加している」「現場からは忙しい、人が足りないといわれるが人の確保が難しい」…

利用者獲得の営業

「相談員が営業に行かない」「営業データが蓄積されず、非効率な営業になっている」「組織内に営業ノウハウが蓄積される仕組みがない」…

関連する事例

病院の事業承継事例/認定医療法人による事業承継と出資持分の放棄

  • 病院・診療所・歯科

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 21/07/29~22/03/11】福岡市主催/介護事業所向け経営力強化研修 第3期

  • 介護福祉施設経営

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

人事評価システム6つのポイントで徹底比較!低価格で導入できる「人事評価ナビゲーター」

  • 病院・診療所・歯科
  • 介護福祉施設経営
  • 企業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス