事例紹介

サ高住の新規開設、初年度で稼働率60%・単体の利益率7%をクリア

「サ高住のノウハウがない」「特養、老健とは勝手が違う」「収支の予測が立たない」「自分たちだけでは解決できない」

社会福祉法人「海霧福祉会」。新しくサービス付き高齢者向け住宅を新規開設しようと考えているのですが、これまで展開してきた特養、老健、その他の事業とは勝手が違うと感じ始めています。
  • 介護福祉施設
  • 経営戦略・事業構想
  • 収益向上・経営改善
  • 0人~50人
  • 51人~100人
  • 101人~300人
  • 301人~500人
  • 501人~1000人
  • 1001人~

サ高住の新規開設を計画しているが、これまでと勝手が違う

複数の医療・介護事業を運営している社会福祉法人「海霧福祉会」。新しくサービス付き高齢者向け住宅を新規開設しようと考えているのですが、これまで展開してきた特養、老健、その他の事業とは勝手が違うと感じ始めています。

これまでなんでも自分たちで解決してきた理事長ですが、経験者がいない中で計画も進まず3年が経過。さすがに外部の意見を入れてみる必要があると、思い至りました。

相談したのが、日本経営の介護経営コンサルタントの宮森。矢継ぎ早に疑問や不安を口にする理事長に対して、宮森が指摘したことはたった一つ、「顧客ターゲットが明確になっていない」ということでした。

私たちの強みを生かした、私たちのモデル

職員からヒアリングを行い、宮森が提案したのは、「海霧福祉会が目指すべきサ高住モデル」というコンセプト。どの施設のマネでもない、私たちの強みを生かした、私たちだけのモデルです。

ターゲットは、「医療行為が必要でありながら安定的な状態であり、退院を迫られている高齢者」。それに対応できるサ高住を計画することにしたのです。

このコンセプトを実現するためのポイントは3つ。

  1. 利益モデルの明確化(算定の最大活用)
  2. 人件費コントロールの工夫
  3. 顧客ターゲットに合わせた営業活動

ただサ高住を開設するのではなく、これらのポイントを具体化するための、モデル構築・職員配置・ルート開拓を行っていったのです。

1年後…「私たちのサ高住モデル」は、見事に実を結びました。

  • 1年で新規開設にたどり着けました!
  • 開設後1年で、目標稼働率60%に到達しました!
  • サ高住単体で利益率7%確保!
  • 関連サービスも利益UPしました!

新しい事業は、ただ開設すればいいというものではありません。自分たちの強みを生かした自分たちのモデルで、稼働率・人材・利益を確保できるように事業をつくりこんでいく必要があります。

だからこそ、新しい事業展開はやめられない。喜びがある。そう、決意を新たにした理事長でした。

強みを生かした「私たちのサ高住モデル」

様々なお役立ち情報を一気にダウンロード可能です。ご希望の資料を選択ください。

関連する標準提案書

介護サービスの向上

「職員主体のケアが現場で横行している」「職種ごとに意見が異なり、取り組みが前に進まない」「他施設との差別化が必要だが、何から取り組めば…

人員配置の適正化

「LIFE導入により現場の負担が増加している」「人件費が年々増加している」「現場からは忙しい、人が足りないといわれるが人の確保が難しい」…

経営計画策定

「 経営計画と呼んでいるものが、数字の羅列(財務計画・予算計画)に留まっている」「ビジョンや計画はあるが、当法人の成長をけん引するようなパワーがない」…

関連する事例

【募集中】第四期(2022年6月)次世代介護経営者 経営幹部養成塾

  • 介護福祉施設

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 22/06/03】社会福祉法人のためのバックオフィス業務効率化とDX化進め方セミナー

  • 介護福祉施設

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

IT導入補助金でロボット(RPA)を購入できる可能性があります!

  • 病院・診療所・歯科
  • 介護福祉施設

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス