事例紹介

赤字の事業から強みとする領域へ資源をシフト、法人全体で5,000万円の利益改善

「人材難が常態化している」「空室が目立ち、収益が上がらない」「登録者が増えず、配置した人材を賄えていない」

社会福祉法人「桃山福祉会」。設立以降の努力が報われ、いまでは大規模の事業を複数抱えています。しかし、赤字の事業が全体の足を引っ張り、法人の経営が安定しません。
  • 介護福祉施設
  • 経営戦略・事業構想
  • 収益向上・経営改善
  • 0人~50人
  • 51人~100人
  • 101人~300人
  • 301人~500人
  • 501人~1000人
  • 1001人~

規模の拡大を図るも、大赤字の事業所が足を引っ張る

社会福祉法人桃山福祉会は、地元住民の支えになりたいという想いから、設立以来、地道に規模拡大に取り組んできました。

苦労の甲斐あって、現在は規模の大きな事業を複数抱えています。しかし、黒字の事業所もあれば大赤字の事業所もあり、理事長の栗山には原因が分からず悩んでいました。

赤字の事業を見直し、強みとする領域に資源を再配置

コンサルタントの宮森は、大きな赤字を出していた「特養・ショート事業」「ケアハウス事業」「定期巡回事業」に焦点を当てました。

  • 特養・ショート事業:人材難が常態化している
  • ケアハウス事業:空室が目立ち、収益があげられずに赤字に
  • 定期巡回事業:登録者が増えず、配置した人材を賄えていない

そのうえで宮森が提案したのは、①定期巡回の廃止 と ②ケアハウスの改善。

結果、桃山福祉会の経営状態は回復し、黒字転換できたのでした。

  • 特養・ショート事業で、1,000万円の黒字に!
  • ケアハウス事業が、3,000万円の黒字に!
  • 定期巡回事業は、1,000万円の赤字解消!

赤字事業を見直し、経営資源を全体最適に

様々なお役立ち情報を一気にダウンロード可能です。ご希望の資料を選択ください。

関連する標準提案書

介護サービスの向上

「職員主体のケアが現場で横行している」「職種ごとに意見が異なり、取り組みが前に進まない」「他施設との差別化が必要だが、何から取り組めば…

人員配置の適正化

「LIFE導入により現場の負担が増加している」「人件費が年々増加している」「現場からは忙しい、人が足りないといわれるが人の確保が難しい」…

経営計画策定

「 経営計画と呼んでいるものが、数字の羅列(財務計画・予算計画)に留まっている」「ビジョンや計画はあるが、当法人の成長をけん引するようなパワーがない」…

関連する事例

「家計簿」を導入し生産性アップ、1,000万円の増益と職員の平均年収増 

  • 介護福祉施設

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 22/07/12~全6回】第5期はじめて学ぶ施設長オンライン講座

  • 介護福祉施設

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

介護福祉施設の黒字体質強化「部門別家計簿の導入・運用支援」提案書

  • 介護福祉施設

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス