お役立ち情報

海外事業レポート「フィリピン 修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置(Modified Enhanced Community Quarantine)、5月31日まで」

  • 業種 企業経営
  • 種別 レポート

ECQ の5月15日までの延長に伴い、税務申告期限がさらに延長

MECQとなり首都圏では再延長が予想される

フィリピン政府は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の対応として、3月17日から適用を実施している『強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)』を感染者の多いマニラ首都圏、ラグナ州、セブ市などでは5月31日まで延長することを決定しました。

一方で、一部地域ではECQが緩和されており、マニラ首都圏も『修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置(MECQ)』として制限付きで業種によっては50%まで出勤を認める発表がされています。

また、現在は5月15日まで延長されたことに対する通達が各行政機関から発行されています。今後地域によって期限に差が出てくるのかなど、情報の確認が必要です。

関連するセミナー

【WEB受講 20/08/26】コロナ禍における海外駐在員帰任時のリスクとインド側におけるリスク

  • 企業経営

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

海外事業レポート「コロナ禍に伴う海外駐在員の一時帰国(帰任)に関連する各種税務の取り扱い」

  • 企業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る