お役立ち情報

看護職員の処遇改善、賃上げの具体策/MC+クイズ

  • 業種 病院・診療所・歯科
    介護福祉施設
  • 種別 レポート

看護賃上げの具体策は診療報酬改定後に中医協で議論 厚労省

穴埋め問題

日本経営グループ「厚生政策情報センター」が配信するMC plus Dailyより、最新ニュースを1つだけピックアップして、穴埋め問題にしました。今回のテーマは、「診療報酬改定」。2022年1月12日(水) MC plus Daily より出題です!

中央社会保険医療協議会 総会(第509回 1/12)《厚生労働省》

看護の現場で働く人たちの賃金を【 A 】月以降に【 B 】%程度引き上げる政府の方針を受けて、厚生労働省は12日、4月に行う診療報酬改定の後に中央社会保険医療協議会で具体策を決める方針を示した。具体的なスケジュールはこれから組むが、同省では、賃上げのための仕組みが施行される【 A 】月までに「一定の周知期間が必要」(保険局医療課)としている。

看護の賃上げは岸田政権が掲げる分配戦略の柱の一つで、救急医療管理加算を算定して救急搬送に年【 C 】件以上対応する病院や三次救急病院の職員が対象。

2022年2-9月分は 【 D 】 を使って1%程度引き上げ、10月以降は診療報酬の新たな仕組みを作り、3%程度引き上げる。賃上げの実効性を担保するため、10月以降の対応は介護保険の「介護職員処遇改善加算」などを参考に中医協で議論することになった。

12日の中医協・総会で厚労省は、22年度改定の全体の議論とは別に、【 E 】の仕組みを諮問・答申する方針を説明した。
2月からの補助金での対応状況などを見極めながら、診療報酬改定を行う4月以降に【 E 】の仕組みを議論する。

回答
A:10
B:3
C:200
D:補助金
E:賃上げ

該当の資料をダウンロードできます

(コンサルタント、会計事務所など同業の方はお断りします)

MC plus ヘッドライン(無料)のご登録もできます)

関連するセミナー・サービス

診療報酬改定解説動画

病院経営に大きな影響を与える診療報酬改定。経営幹部が押さえるべき本質は、点数ではなく改定議論の中身! 議論のプロセスにこそ、自院の経営…

NaviLight

「チームパフォーマンスを測定したい」「マネジメントを変えて、チームパフォーマンスを高めたい」「メンバーの主体的なチーム行動を促進したい」…

オンライン学習ツール

Waculbaは、医療機関・介護福祉施設の職員専用のオンライン学習ツール。職員教育ツールとして様々な法人様にご検討・ご導入いただいています…

関連する事例

サ高住の新規開設、初年度で稼働率60%・単体の利益率7%をクリア

  • 介護福祉施設

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 22/05/26】2024年度を見据えた医師働き方改革と医師体制強化~実務編~

  • 病院・診療所・歯科

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

IT導入補助金でロボット(RPA)を購入できる可能性があります!

  • 病院・診療所・歯科
  • 介護福祉施設

関連するお役立ち情報一覧を見る