メニュー

Close

HOME

活性化している病院は、ボトムアップなのか、トップダウンなのか

2017.07.14

病院経営を向上させるマネジメントのツボは、どこにあるのか。

2017年07月14日(金)、エルガーラ(福岡市中央区天神)にて、続・病院トップマネジメントセミナー 2017 「病院経営を向上させるマネジメントのツボ」 が開催されました。

DSC04285

 

第一部は、株式会社日本経営 福岡オフィス長の橋本竜也(部長)が登壇。病院経営の「ツボ」をテーマに、「地域包括ケアと戦略策定」、「戦略の策定と可視化」、「営業戦略のプランニング」、「実行に繋げるプロセスマネジメント」、「リーダー育成と組織活性化」などを、ご紹介しました。

 

DSC04285 DSC04285

 

第二部は、ES NavigatorⅡの高得点病院による事例発表。 坂本不出夫氏(国保水俣市立総合医療センター 病院事業管理者)、 永吉幸弘氏(医療法人慶明会 けいめい記念病院 事務長)、川崎裕司氏(医療法人社団慶仁会 川﨑病院 理事長)、古瀬ゑみ氏(医療法人有光会 サトウ病院 理事長)にご登壇いただき、それぞれの組織と文化についてご紹介いただきました。

 

DSC04285 DSC04285 DSC04285

 

第三部では、橋本竜也がコーディネーターを務め、さらに踏み込んだ質問で組織作りについて学びを深めました。病院においては、必ずしもボトムアップが「解」ではない。トップダウンとかボトムアップという軸ではなく、「お互いに開かれた組織」であることが、組織の満足度と活性度を高めているらしいことが、考察できました。

 

DSC04285 DSC04285 DSC04285

 

ご参加の方々からは、

など、コメントをいただきました。 

 

 

組織づくりを応援します!

 

「成果に繋がるプロセスを整備したい」

「現場のモチベーションをアップしたい」

組織づくりについてのご相談は、

下記の専用フォームより、ご用命ください。

 

お問い合わせは、こちらから 

 

 

GROUP

日本経営グループトップ

NK倶楽部
©日本経営グループ