お役立ち情報

IT導入補助金でロボット(RPA)を購入できる可能性があります!

  • 業種 病院・診療所・歯科
    介護福祉施設
  • 種別 レポート

IT導入補助金は、医療機関を含む中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

株式会社日本経営はIT導入支援事業者として、2021年の7月よりお客様に最適な業務効率化やITツール導入について考えて参りました。

IT導入補助金とは

IT導入補助金についてご存じでしょうか? 医療機関を含む中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするためのものです。この度弊社が、IT導入支援事業者に採択されましたので、内容について簡単にご案内させていただきます。

概要ITツールを導入する経費の一部を補助するもの
目的業務効率化・売上アップをサポートすること
対象医療機関(正雇用従業員数300名以下)
補助経費補助率2分の1以内、上限額30万円~150万円未満

生産性向上のために必要なデジタルツール

医療業界を取り巻く経営環境は常に変化し続けており、社会経済情勢の変化に柔軟に対応した経営力の強化や内部体制の充実化を図ることが求められます。日本は既に少子高齢社会となっています。それに伴って、医療機関においては人材確保という重要課題に直面し、今まで以上に生産性向上が求められます。

これらの課題に対応するための手段として、デジタルツールがあります。弊社では、デジタルツールの中でもRPAに注目して、今までお客様にご案内してきました。RPAとは、パソコン内のロボットであり、キーボード、マウスの操作を記録して人の代わりにパソコンを操作してくれるソフトです。RPAはすでに多くの医療機関で導入が進んでおり、効果を上げてきています。事務スタッフ1人の3分の1程度の業務を削減できた事例もあります。

「医療機関の業務」をRPAに置き換えてみた

そのほかRPAの驚きの働きぶりは、動画チャンネルをご参照ください。

RPAは、IT導入補助金の支給対象です

デジタルツールの導入にあたって、「新しいことに挑戦したいけど、そんなにお金をかけられない・・・」「費用に見合った成果が出るか不安だ・・・」という声を良くお聞きします。そのような皆様にとって、今回の補助金はチャンスになると考えています。

弊社がご提供しているRPAの購入費用(約90万円)に対しても、申請次第では本補助金を活用することが可能となっています。申請結果にもよりますが、申請が通れば購入費用の半額、つまり最大約40万円〜50万円の給付額が見込める内容となっています。

(※IT導入補助金は、各申請に対して個別の審査になるため一概に補助金が活用できるとは言えないことをご了承ください。)

本件に関しては、下記の連絡先から無料相談を承っております。本補助金の申し込み期限も差し迫っておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

連絡先

  • 株式会社日本経営 福岡オフィス TEL:092-409-4466(担当:乾遼一郎)
  • 「IT導入補助金について」とお問い合わせください

本補助金は一般社団法人サービスデザイン推進協議会が企画・運営し、厳格な審査を経て支給可否を決定しています。そのため、補助金が必ずしも支給される訳ではございません。補助金採択結果について弊社では一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

RPAの導入・IT導入補助金を詳しく知りたい方は

関連する事例

「家計簿」を導入し生産性アップ、1,000万円の増益と職員の平均年収増 

  • 介護福祉施設

関連する事例一覧を見る

関連するセミナー

【Web受講 22/07/04】10年以内に建替えを検討されている法人様向け 事例付き!失敗しないための病院建替えポイント解説セミナー

  • 病院・診療所・歯科

関連するセミナー一覧を見る

関連するお役立ち情報

地域医療連携を推進するデジタル化「RPAを活用した集患体制強化の具体策」

  • 病院・診療所・歯科

関連するお役立ち情報一覧を見る