従業員は各自国民健康保険、出産予定の従業員が利用できる制度

27.3月号ビタミンM最新号(2018.9月号)を発行しました。

今回のトピックスは「平成30年度地域別最低賃金の改定額」「国民年金保険料の産前産後期間の免除」です。

最低賃金が10月から順次変更される予定です。金額や発効予定日などご確認ください。

また、平成31年4月より、国民年金保険料の産前産後期間の保険料免除制度が開始します。クリニック等で職員が個々で加入している場合は、対象になる可能性があります。

 

 

ビタミンMの配信お申し込みはこちらから(無料)

(社会保険労務士事務所、税理士事務所、コンサルティング会社など同業の方のお申し込みは、ご遠慮ください)

 

ビタミンM・・・日本経営グループ 社会保険労務士法人日本経営 が発刊する、人事労務の情報誌。“M”とは、“Management”を指し、「お客様の経営に効く」「お客様に活力を与える」存在でありたいとの願いを込めて命名しています。「1枚5分で1ヶ月の経営に効く」ということをコンセプトに、内容を厳選して、「とりあえず、これだけはお読みください」というものにしています。 

最近のレポート

2019.07.02
労働保険申告と算定基礎届の提出はお済みですか?
2019.06.01
労働者の健康情報の取り扱いはどうする?
2019.05.01
リフレッシュ休暇を取得したら有休取得義務はどうなる?
2019.04.01
ゴールデンウィークの10連休中に出勤したら割増賃金はどう支払う?
2019.03.01
正社員と非正社員、同一労働同一賃金の具体的な対策とは?
2019.02.01
「働き方改革」年5日の年次有給休暇の取得義務
2019.01.07
労働者に勤務間の休息を確保「勤務間インターバル」制度
2018.12.01
労働時間の状況を客観的に把握するよう義務づけ、客観的な把握とは?
2018.11.01
有給休暇を年5日必ず取得、どう対応したらよいか?
2018.10.01
36協定の新様式案と締結時の留意事項
2018.09.01
従業員は各自国民健康保険、出産予定の従業員が利用できる制度
2018.08.01
時間外労働の上限や割増賃金などについて、働き方改革関連法案が成立
2018.07.01
健康保険被扶養者状況、扶養の対象かどうかはどう判断 したらいいのか?
2018.06.01
従業員に残業してもらう、何か気をつけることは?
2018.05.01
働き方改革でどう変わる?関連法案が国会へ提出されました
2018.04.01
従業員の親が寝たきりになり、介護休業をしたいと言っています
2018.03.01
無期転換ルール特例の第二種計画認定を受けていますか?
2018.02.01
モデル就業規則、副業・兼業部分の改定案が提示されました!
2018.01.01
トラブルになりやすい「解雇のルール」について確認しましょう!
2017.12.01
従業員の募集を行う際の取り扱いが変更になります!
2017.11.01
大人も有給休暇を取得する?「キッズウィーク」!
2017.10.01
通勤災害(労災補償の対象)の特別な決まりをご存知ですか!
2017.09.01
平成29年度の最低賃金額改定の目安が公表されました!
2017.08.01
「無期転換ルール」の準備、育児・介護休業法改正
2017.07.01
労働政策審議会建議「時間外労働の 上限規制等について」
2017.06.01
くるみん認定・プラチナくるみん認定の認定基準・認定マークが改正
2017.05.01
平成29年度雇用関係助成金と、介護休業給付
2017.04.01
時間外労働の上限規制等、働き方改革実現会議に提案
2017.03.01
平成29年3月より健康保険料率が変わります
2017.02.01
育児介護休業法の改正と、協会けんぽ介護保険料率の引き上げ

GROUP

日本経営グループトップ

©社会保険労務士法人 日本経営